ここから本文です

手根管症候群について。 ご経験のある方、または詳しくご存知の方教えてくださ...

chiharu1070409さん

2015/9/1704:06:54

手根管症候群について。

ご経験のある方、または詳しくご存知の方教えてください。
2ヶ月ほど前、起きてすぐ手に強い痺れを感じました。数日続き調べてみると手根管症候群だと思われます。

現在、在学している学校のプログラムで10ヶ月の海外実習でオセアニアにいます。病名もわかっているので病院に行くつもりもありません。帰国したらすぐ病院に行こうと思っています。

最近までは起きたときにしか強い痺れを感じませんでしたが、ここ数日日中も痺れを感じるようになりました。

こちらで病院に行くつもりもありませんし、(ひどい場合は手術とあるページに記載されていましたが)手術するつもりもありません。自然治癒としては固定具を装着し安静にするという方法がありましたが、実習中なので休めません。休むと学校が指定する労働時間が足りず、単位がもらえない可能性も出てきます。

もし手術が必要なほどになれば、こちらではなく日本で受けたいと考えています。ですが、途中帰国は退学という扱いになります。


3月帰国予定です。それまであまりひどくならないといいのですが、相当ひどくなってきた場合、帰国して手術を受けるべきでしょうか。また、固定具を装着し安静にするのはどれくらいの期間必要なのでしょうか。

帰国まで半年近くあります。半年放置してどれくらい進行するのでしょうか。

海外で診断、治療を受けられた方いましたら、どのような治療法だったのか、費用など聞かせていただけると助かります。

閲覧数:
1,615
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

photo2000kjpさん

2015/9/1716:09:10

自己判断で行動するのはやや危険ですが、やむを得ないと思います。

半年後の症状予測は専門医の先生でも難しいと思いますが、最悪の場合を考えると、しびれの感覚が強くなるのはもちろんのこと、神経の圧迫によって筋肉の萎縮が起こり母指球(親指の肉球)が萎縮し、握力が低下ものが握りにくくなることが予想されます。

仮に反対側の手と比較し、母指球部分に萎縮が見られたら早めに帰国し手術をした方が良いかもしれません。大きな手術ではないので、事情を話せば可能な限り早く行ってもらえると思います(ただし、クリニックではなく、入院施設を備えた病院での話です)。

固定具の装着期間も症状によってまちまちなので具体的にお教えできませんが、自己判断で行う場合でしたらしびれが消えるまで装着した方が良いと思います。

  • 質問者

    chiharu1070409さん

    2015/9/1804:58:59


    ご回答ありがとうございます。とても参考になります。photo20000kjpさんの回答を見て、半年も放置となると途中帰国も視野に入れるべきかと覚悟しました。今後の症状の様子を見ていきたいと思います。ありがとうございました。
    助かりました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。