ここから本文です

マキタのインパクトドライバー 外部バッテリー仕様への改造について

sky********さん

2015/9/2322:38:35

マキタのインパクトドライバー 外部バッテリー仕様への改造について

マキタのリチウムイオン電池インパクトドライバー(134DX)を外部バッテリーで使用しようと思い、純正BL1430バッテリーを分解し、基盤の+-端子に外部バッテリー(リポバッテリー14.8V1.3A)を直結で半田付けしました。3つ作ったのですが、1つだけ調子よく作動し、他の二つはLED点灯するのですが、回りません。動く基盤と動かない基盤を見比べても、違いがわかりません。どちらも本体の接触端子にのみ直結されています。
バッテリーはいずれも新品で電圧み正常です。

なにか、特別な制御機能があるのか、さっぱり分かりません。
動くバッテリーがなぜ動くのかも分からなくなってしまいました。

導通は正常だとして、何故動かないのか?原因が分かる方、可能性を特定できる方、教えてください。

補足質問本体の基盤は旧型基盤ですが、動くものともう一つの動かない基盤は新型の基盤です。どちらも本体端子が直結する位置に半田付けしています。

外部バッテリー,基盤,マキタ,純正BL1430バッテリー,リチウムイオン電池インパクト,バッテリー,BL1430

閲覧数:
4,085
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iri********さん

2015/9/2323:21:11

この場合、考えられることとして

1.使えなかったBL1430のバッテリではなく基盤が壊れていた。
バッテリの基盤は電池の素子を交換して使うことは考えておりません。
そのために基盤は電池素子の寿命程度の耐久性しか考えておりません。
そのため稀ですが電池素子よりも先に基盤が故障することがあります・
この場合は素子を新品にしても使えません。

2.交換した新品のバッテリと既存の基盤との相性が悪かった。
基盤以外に素子中央に温度センサーが入っていますが、
基盤の中に電圧がある一定以上低いとモーターを起動しない機能が入っています。
これは電圧の低いバッテリを使い続けるとバッテリの寿命が極度に早くなるためにそれを回避する回路が設けられています。
市販のバッテリの電圧値が微妙に低いとその機能が働いて
LEDは点灯するが、モーターは起動しないことになります。
それ以外にも色々な設定があるようですが
詳細は企業秘密のようなので、今回のような改造は
ダメ元のつもりで行ってください。

  • 質問者

    sky********さん

    2015/9/2323:45:39

    ありがとうございます。
    バッテリーの電圧ですが、15.2Vほど出ています。また、基盤にバッテリーを接続した状態で本体に接触する側の端子の電圧を測ってみると、やはり同じく15.2V出ています。今回作った3つのバッテリーは全て新品の同じメーカー、同じバッテリーです。セルチェッカーでセル毎の電圧を測ってみてもすべて正常です。
    電圧は足りているのにLEDは点灯するけど回らないという原因が分かりません。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる