ここから本文です

[Blu-ray Audio]

akm********さん

2008/2/2900:27:31

[Blu-ray Audio]

ーーー
CD-Audioよりも音質がはるかに高いDVD-Audioというものがありましたよね。
DVD-Audioは確かに技術としても高かったのですが、対応ソフトやプレーヤーも少なく、あまり普及しませんでした。

最近次世代光ディスクとして勝利を勝ち取った、Blu-rayですが、こちらはAudio分野での進出は無いのでしょうか??
容量もかなり多いので、超高音質な音楽を収録できそうで、期待しているのですが…。

もし登場した場合、普及すると思いますか? DVD-Audioの2の舞になってしまうのでしょうか??

ご回答お願いします。

閲覧数:
3,453
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nam********さん

2008/2/2900:32:51

今や主流はCDより音質の劣るMP3等のデジタルオーディオ。
DVD-Audioでさえ流行らなかったのに、さらに音質を求めてどうなると思いますか?
自ずと答えは出てきます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bb_********さん

2008/3/411:00:43

ソニーには音声収録用とその著作権保護技術に特化したSACDを推進したい思惑があると思うので、ブルーレイの音声収録単独用途は考えてないかもしれませんね? ただデータ収録用途での利用は充分に考えられていると思うので、従来のCDのように音声用パッケージメディアとしてSACDを、またそのフォーマットを利用し、民生用でブルーレイディスクに高音質音声データの書き込みに対応させる用意はあることでしょう。しかしその場合でもPCでの利用がメインで、はたしてブルーレイディスクのオーディオ製品を開発する意図があるかどうか・・・徹底的に高音質化、高画質化、高性能化を施したVAIOブランドのPCの開発のほうが可能性は高いでしょうね。

現在CDに代表されてきた光ディスクメディアは過渡期にあると思われます。大方の人は音楽用にCDフォーマットの音質・ディスク容量に満足してますし、映像用にDVDビデオフォーマットの画質・容量に満足しているものと思われます。この2つに唯一実現不可能だったポケットに入る携帯性は、SDカードなどに代表されるメモリ・メディアが実現しています。さらなる高音質化・高画質化への流れは、開発時期は相当早期だったにもかかわらず、製品化へと機が熟すのを待つのに長い年月を必要としたことを考えると非常に緩やかになっているのでしょう。

私が初めてDVDオーディオに接したのはもう10年以上も前、池袋のサンシャイン60でのオーディオフェアの会場でした。元々あんまり興味も無かったのですが、友人がケンウッドに勤めてて入場料が無料になったし、私が趣味で楽器を弾くことを知ってたので「きっと興味を引くことに出会えるから」と勧めるので同行したまでのことだったのでした。ところが松下電器のブースで、当時最先端で最高級だったテクニクスブランドのオーディオが惜しみなく投入され、このフェアのためにわざわざホールを借りてオーボエ奏者にソロ演奏させてDVDに収録した音源が用意されたリスニングルームには大変な驚きと衝撃が待っていたのでした。まるで目の前で演奏されてるかのような、まさに空気を振るわせて鳴り響く音だったのです。私にはデジタル・オーディオとはこんなにもリアルですごいものなのか?と初めて実感させられる出来事だったのです。同業者である友人も感嘆のあまり言葉を失ってる様子でした(後でポツリと「うちではガキ相手のポータブル・オーディオやカー・オーディオを造るのに専心してるというのに、よそではこれほどのピュア・オーディオが造り出されていることを考えると悲しい・・・」と、過去にはその素晴らしいピュア・オーディオ製品で人々を唸らせた会社の社員から出た言葉には実感がこもっていたことを今でも思い出します)。

年月は流れて現在、アマチュアである私でもPCを使ってHDDにDVDオーディオフォーマットでの録音を楽しめる時代がきていますが、デジタル・オーディオは圧縮音声を含めると、はたして人々の耳の鍛練に役立ってきたのだろうか?との疑問を抱くこともありますが、少なくとも人々がノイズに敏感になったことだけでも大きな価値があったことだけは確かだと考えています。私は音のことを機器の値段の高い安いで考えることや、単にスペックだけで比較することは今までしてきたことはありませんが、実際に自分が楽器を演奏して感じ、熟知してる音、それがいかに自分が感じてるままに再現されるかということについては大変こだわります。これからSACDのフォーマットで録音できる環境が整い、そのサウンドがどんなものであるのか知るのをとても楽しみにしています。

kaz********さん

編集あり2008/3/202:46:40

BDで再生するドルビーtrueHDはDVDオーディオとほぼ同じものです。(収録するサンプリング周波数、ビット深度はソフトメーカー次第。画像をつけるかどうかもソフトメーカー次第)

よって、BDには特別なオーディオ用の規格は登場する必要がなく、すでにDVD-AUDIOレベルの音声規格が収録可能になっています。後はソフトメーカーが製品化する際にサンプリング周波数、ビット深度を上げてくれるかどうかです。

DVD-Audio規格はPCM 最大192kHz/24ビット(2チャンネル時のみ)、最大96kHz/24ビットマルチチャンネル(最大5.1ch)

ドルビーTrueHD (Dolby TrueHD)規格はBlu-ray DiscやHD DVDに採用された音声技術で、DVDオーディオで採用されている「MLPロスレス」の機能拡張版。最大96kHz/24bit・8ch形式をサポート。


ただ、SACDはDVDオーディオよりも原理的にはより高音質の規格になっています。2007年5月で4500タイトルあるそうです。
ΔΣ変調を併用した高速標本化低bitである1bit2.8224MHz(=2822.4kHz)最大5.1ch(SACDの容量は4.7GBある)
http://www.super-audiocd.com/aboutsacd/format.html
※16bit/44.1KHzとか1bit2.8224MHzとかは1ch、1秒当たりのデータ量です。

kob********さん

2008/2/2914:26:44

技術面ではドルビーTrueHDや7.1chになり向上したのですが、オーディオオンリーの進出は今のところ聞きませんね。

2008/2/2900:51:34

音の世界は深いけど、かなりお金が掛かるからね、
・AVアンプ
・スピーカー
・ケーブル

これだけで、何万円・何十万円の世界だから、
流行りにくいのはあるね、まーでもマーケット(市場)がせまいけど、
まーでも好きな人は着実にいるし、それでいいんじゃないかな。


それと最近話題のブルーレイレコーダー自体が録画するときに5.1chとか7.1chかどっちかに
対応してるみたいだから、ちょっとはいつもよりも音に興味を持つ人がおおくなりそうだね。

そうなればちょっとは市場がいつもよりも増える可能性があるから、
それだけでもラッキーかもしれないね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる