ここから本文です

認印と署名をしてしまった白紙委任状は、加筆されて、どの場面で使用されるのです...

aya********さん

2015/9/2802:46:31

認印と署名をしてしまった白紙委任状は、加筆されて、どの場面で使用されるのですか?
実印だと、公正証書が作成されて危険だと思うのですが、認印は公正証書が作成できないと思うので。
裁判

になったときの証拠ですか?
あと認印だけど加筆されてから家庭裁判所など役場に持っていかれてしまったら(公的手続きはされないはず?)、その後に委任を解除する旨の通知をしたら、委任状を無効化できますか?

閲覧数:
711
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yum********さん

2015/9/2812:27:14

白紙委任状は、何を書かれてもそれを委任する、という意味です。

当然、弁護士や司法書士等の責任ある職を持っている者がそれを要求するはずもありませんが、よく渡しましたね。

>どのような場面で使用される?

考えられる可能性は、まずは戸籍関係の請求。
戸籍抄本や住民票等・・・

次に建築確認申請等の申請書類の提出に代理人に対する委任。

他にも個人情報保護法関係の各種請求や、社会保険関係の各種請求等等
要は委任状を持っているということは、本人の代理人ですからなんでもほぼ出来ます。

>あと認印だけど加筆されてから家庭裁判所など役場に持っていかれてしまったら(公的手続きはされないはず?)、その後に委任を解除する旨の通知をしたら、委任状を無効化できますか?

わかりやすい例で言えば、仮に委任状を使用して建築確認申請を代理人が提出した場合は、もう役所がそれを受け付けてしまっていますから、申請した書類の取り消しをあなた本人がすることが必要です。

役場に申請書類等を提出してしまった後で、「委任を解除する」通知をしても、それまでの行為は無効化出来ません。

質問した人からのコメント

2015/9/30 22:06:42

ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる