ここから本文です

toto BIGの根拠法:スポーツ振興投票の実施等に関する法律 スポーツ振興投票の...

han********さん

2015/9/2914:31:14

toto BIGの根拠法:スポーツ振興投票の実施等に関する法律

スポーツ振興投票の実施の停止
第31条

文部科学大臣はセンターがこの法律若しくはスポーツ振興投票に係るセンター法の規定に違反し、

又はスポーツ振興投票の実施につき公益に反し、若しくは公益に反するおそれのある行為をした時は、センター(独立行政法人日本スポーツ振興センター)に対しスポーツ振興投票の実施の停止を命ずることができる


とありますが


公益とは
辞書によると社会一般の利益

内閣府の公益認定等委員会によると
公益とは『不特定多数のためではない』
本質的にはその活動が『求められているか』・受益の機会が『開かれているか』
この2点がポイント

①toto BIGは
スポーツ議員連盟プロジェクトチーム座長/オリンピック・パラリンピック担当大臣(衆議院議員)がおっしゃっているように
(2015/6/18:インタビュー記事)
本当に100%不正ができないように担保がとれているんでしょうか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1014625966...

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1014692027...

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1314843330...

(URLはYAHOO知恵袋内)


担保が取れていないくじが
『求められている』とは思えない

②受益の機会が『開かれている』という事は、ある意味19歳以上なら誰でも買えるという事でしょうが
受益の機会が平等かという解釈はできませんか?

③仮にtoto BIGが
不正、やらせ、八百長ができないように担保が取れてなかったとしたら
『公益に反し、若しくは公益に反するおそれのある行為』になりませんか?


④toto販売開始時(2001/3)
toto BIG販売開始時(2006/9/16)のスポーツ議員連盟の会長はだれですか?

補足ご回答ありがとうございます
・受益の対象者
対象者が多いから公益性が高く、少ないから低いという事ではないと思います
くじの購入者も受益の対象者だと思います
問題なのは『求められているか』『開かれているか』
・ランダム抽選をしているという担保は何でしょうか?
・スポーツ議員連盟の会長は私は別の人間が思い浮かびます
総理経験者
現在は政界引退
2014/4/18 政界引退後、国会議員ではありませんが超党派の国会議員で構成されるスポーツ議員連盟の名誉顧問としてある式典に出席
・スポーツ振興のためなら何をやっても良いとは思いません
理由は根拠法を作る必要があったからです
賭博は刑法で違法です

閲覧数:
923
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

2015/10/300:38:20

個人的な見解になります。

この場合の公益の受益者は、法律で収益の配分対象、目的とされている

一 地域におけるスポーツの振興を目的とする事業を行うための拠点として設置する施設(設備を含む。以下この項において同じ。)の整備

二 スポーツに関する競技水準の向上その他のスポーツの振興を目的とする国際的又は全国的な規模の事業を行うための拠点として設置する施設の整備

三 前二号の施設におけるスポーツ教室、競技会等のスポーツ行事その他のこれらの施設において行うスポーツの振興を目的とする事業(その一環として行われる活動が独立行政法人日本スポーツ振興センター法 (平成十四年法律第百六十二号。以下「センター法」という。)第十五条第一項第二号 及び第四号 に該当する事業を除く。次号において同じ。)

四 前号に掲げるもののほか、スポーツの指導者の養成及び資質の向上、スポーツに関する調査研究その他のスポーツの振興を目的とする事業

により、助成を受ける団体ではないかと思います。

担保というのは、どのレベルでのお話しなのかわかりませんが、
法律には、各種罰則規定があるのはご承知の通りで、これが一応の担保ということにはなっているのではないかと考えます。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10HO063.html
そもそもtotoBIGはランダムでの発券ですし、すべての試合結果の操作をする、というのは不可能だろうと思います。

スポーツ議連の会長というのは、ずっと麻生太郎氏という印象です。
2006年もそうだったかは確認できませんが。
麻生氏本人もクレー射撃五輪代表ですし。

toto創設時にはさまざまな反対もありました。とはいえ、スポーツ施設整備などになんとか自前の財源が欲しい、という文教族らの思惑などがあり、海外でもサッカーくじが行われている状況から導入。単なる予想では採算ラインに届かず、そのままでは、くじが持たなくなる、ということでBIGが導入された、という理解です。

新国立で槍玉に上がったJSCが委託されている事業ですので、100%クリーンかどうか、というのは正直分からない面もあります。
ただ、毎年、一定程度の助成は実施していますので、その点でのメリットは存在するとは思います。

http://www.jpnsport.go.jp/sinko/josei/tabid/75/Default.aspx

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる