タバコの適正価格について こちらに記載されている、河野教授が示したタバコの適正価格の式の立て方がよくわかりません。

タバコの適正価格について こちらに記載されている、河野教授が示したタバコの適正価格の式の立て方がよくわかりません。 http://www.nosmoke55.jp/gakkaisi/200802/#kawano どなたか、わかりやすい説明をしていただけないでしょうか。 宜しくお願いします。

喫煙マナー | 税金182閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

わからなくて当たり前です。 この教授は「価格」の基本的な考えを全く理解しておりません。 「価格」=経費+利益+税 これ以外の何物でもありません。 適正価格とは 経費が適正に拠出されているか? 利益の幅に問題がないか? 税率に問題(公平性)がないか? です。 件の河野教授について、 公式の数学的な論証は私にはわかりませんが 論文を拝見したところ、「タバコの社会的価値を価格に表した」と読み取れる内容であり、価格の話ではなく価値について論じていると理解しました。 すると、論文テーマが崩壊しているなと思います。 “論文の適正テーマ”に問題があります。

その他の回答(1件)

0

日本禁煙学会は、自分達が有利になるなら嘘をついてでも主張を通そうとする団体です。 例えば漫画の中に実在するたばこが描かれれば、「漫画家がたばこ業界から金を受け取りたばこの宣伝をしている」と根拠がないのに騒いだり、 震災で原発が問題になった時には「たばこは原発よりも有害なものなので、日本中の喫煙所やたばこ販売店を立ち入り禁止にし、たばこから放射能が漏れないように厳重に処理した後、原発と同じ手順で破棄すべき」と緊急記者会見を開きました。 この文書も、根拠がよくわからないので、説明できないですね。 根拠が不明な主張をするのは、この団体にはよくあることです。