ここから本文です

宅建まで一週間この時期弱い分野やるべきだと思うんですが民法はその場での思考も...

pix********さん

2015/10/1019:49:59

宅建まで一週間この時期弱い分野やるべきだと思うんですが民法はその場での思考も求められるし
劇的に点を上げるのは難しいと聞きます。
今いまいちなのが不動産登記法と区分所有法と税法。

後あせって読む傾向があるのかひっかけによくひっかかります。
後民法の借地借家法が近年の過去問が難易度が上がってて2問とるのは難しいような気がします。
模試もうけたんですが民法はいまいち。

この時期の勉強どういった点に気をつけるべきでしょうか?

閲覧数:
226
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ent********さん

2015/10/1317:48:16

民法は半分取れたらOK。
難しく考えないで、業法と法令上の制限をしっかり確認しましょう。
業法と法令上の制限が満点だとすると、合格ラインが33点なら、あと5点取ればイイのですから、いかに業法と法令上の制限が得点源か理解出来るでしょ?

本試験、頑張って下さいね(^O^)

質問した人からのコメント

2015/10/16 19:44:45

的確でありがとうございました。

Yahoo!しごと検索で探してみよう

宅建 の求人情報(29,917件)

【第二期】オープニングスタッフ!不動産営業のサポート業...
  • ラリーケー株式会社
  • 正社員
  • 月給18.6万円〜
いえらぶキャリア
営業事務、営業アシスタント/不動産、金融営業
  • リビン・テクノロジーズ株式会社
  • 正社員
  • 年収350万円〜600万円
  • 東京都新宿区
イーキャリアFA
【静岡市葵区】不動産コンサル営業(売買・賃貸)
  • 静岡市葵区の不動産会社
  • 正社員
  • 年収400万円〜600万円
  • 静岡県静岡市葵区
Jusice
一般事務のお仕事(宅建士要)1日5時間~8時間
  • ハウスプラザ株式会社
  • パート・アルバイト
  • 時給1,050円〜1,200円
  • 東京都
ハウスプラザ株式会社
宅建事務スタッフ
  • 株式会社ヴァティックス 名古屋店
  • 正社員
  • 月給25万円〜
  • 愛知県名古屋市中区栄
イーアイデム
宅建資格で【営業】新規・ノルマなし@大手不動産*正社員
  • 日総ブレイン株式会社
  • 正社員
  • 年収360万円〜540万円
  • 神奈川県横浜市中区
横浜求人ナビ
不動産に関する事務物件の管理等の営業事務
  • 藤和ハウジング株式会社
  • 正社員
  • 月給25万円〜
  • 神奈川県相模原市中央区鹿沼台
求人ジャーナルネット
賃貸営業 未経験・無資格でも頑張る人にはしっかりサポー...
  • 有限会社 親和エステート
  • 正社員
  • 月給22万円〜
  • 京都府京都市
求人マークス
不動産仲介営業(国内/海外の両方)
  • 株式会社BEYOND BORDERS
  • 正社員
  • 年収300万円〜600万円
  • 東京都新宿区新宿
マイナビ転職エージェントサーチ
不動産営業職[賃貸・売買](正社員) センチュリー21の不動...
  • センチュリー21 住宅セレクション(SBヒューマンキャピタル採用代行)
  • 正社員
  • 月給25万円〜30万円
  • 神奈川県平塚市東八幡
ディースターNET

もっと見る >>

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nan********さん

2015/10/1110:55:05

人それぞれの考え方が有るかと思いますが・・・
本番まであと1週間ですから「弱い分野」に力を入れるのではなく「基礎的なとこ」若しくは「得意分野を完璧にする」に力を入れたほうが良いと思います。
特に宅建業法は20問絶対に取るぐらいの状態にしなければなりません。
近年の出題傾向を見てますと宅建業法は複合問題が増えていますから理解していても結構凡ミスをするパターンが多いですね・・・
それとおっしゃるように権利関係は年々難易度が高まって来ています。中には全く意味が解らないという出題も有ります。っていうことは受験生の大半が皆同じくそう感じるはずです・・・よって正解率は低いと思います。
つまり合格率には大して影響しないということですね!
難しい問題を取っても1点なら確実に取れる問題を取っても1点というぐらいに割りきって行かれたら良いかと思います。
ご健闘をお祈りします。

(不動産業界25年・宅建士・宅建技能コンサルティング)

プロフィール画像

カテゴリマスター

adg********さん

2015/10/1021:19:30

ふつうは、ちょっと苦手な科目を、ちょっと得意な科目に引き上げることと、
今までの知識を抜けないようにすることの2つを目指します。

前者の意味では、民法や税法をやるのは無謀です。

不動産登記法や区分所有法なら、出題傾向も限られていますので、お持ちの過去問の全肢に対し、類似問題は必ず取ってやるという勉強なら、出来るでしょうし、
最低でも、過去問の正解肢類似問題までは完全カバーということでも良いでしょう。
この場合、時間が有りませんので、解答解説を読んでから、問題文を読み、出題意図を理解する、という手順がオススメです。

後者の意味では、毎日、何らかの形で短時間でも、全分野の復習をすることをオススメします。
例えば、テキストに知識を集約した方なら、1時間で1周する程度のスピードで、自分の書き込みを中心に、テキストを全ページ読み返します。

借地借家法については、私の横断整理ノート(読み難い字ですいません。)を参考までに掲載しますので、このようなものを作ると、自信がつきます。(この実例を参考にすれば、30分程度で作れますので、自分で作りましょう。)
さらに、過去問を何問か、解答解説を読んでから、問題文を読み、出題意図を理解した上で、このノートに書き込めば、さらに自信が付きます。

ふつうは、ちょっと苦手な科目を、ちょっと得意な科目に引き上げることと、...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる