ここから本文です

5年位前に友人が海外のフィギュアスケート選手のファンになり、ファンレターを送...

skaterangeさん

2015/10/1400:03:57

5年位前に友人が海外のフィギュアスケート選手のファンになり、ファンレターを送りました。
その後返事が返ってきて、ずっと手紙のやり取りをしています。
先シーズンより私もその選手のファンになりました。

今までに何通かファンレターを送っていますが、一度も返事が来ません。
友人のところには毎回返事が届き、時々試合先からポストカードが来たりします。
フィギュアスケートの選手ってファンを差別するのでしょうか?
ファンレターの返事を返すなら全員に返して欲しいし、日本みたいにファンが多いと必ずどこかで贔屓がバレてその選手にの印象が悪くなると思います。
返事をもらいだけで書いているわけじゃありませんが、正直気分が悪いです。
返事がもらえる人とそうでない人は何が違うのでしょうか?
正直数多くのファンレターの中から友人の手紙を探し出しているとは思えません。

閲覧数:
1,578
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/10/1502:16:03

【回答1】

数多くのファンレターの中から、お友達の手紙を探し出して、返事を書いているのです。そうでなければ、返事の内容がトンチンカンになっちゃいます。

つまり、すべてのファンレターに目を通してはいるのです。きっと、あなたのファンレターも読んでくれているはずです。

ただ、今では沢山のファンレターが来るようになり、一人一人に返事はできなくなったのです。

でも昔から応援してくれて手紙のやり取りをしてきた人に、今さら返事を書かなくなるのも失礼でしょう?

だから、お友達とはやり取りを続けているのです。

どうでしょう、納得してもらえましたか。

どうしても納得できない場合だけ、【回答2】をお読み下さい。

-------------------------------
【回答2】

お友達は、その選手がまだ無名のころから、その選手の魅力を見出していました。フィギュアスケートが大好きで、とても詳しい人なのでしょう。スケート選手の気持ちをよく理解していて、負担にならないような応援の仕方ができる人なのでしょう。そういう人柄が、最初のファンレターの文面にも表れていたのだと思います。きっと読むだけで気持ちが明るくなるような暖かい言葉が書かれていたのでしょう。

選手からの返事をあなたに見せてくれたのも、「有名人と友達なのよ」と自慢したいからではなく、その選手がファンを大事にする素晴らしい人なのだと、あなたに伝えたかったのでしょう。

あなたはどうでしょうか。100%純粋に選手を応援する気持ちでファンレターを送ったと言えますか。お友達が有名選手と文通しているのを「うらやましい」という気持ちがあったのではないですか。あなたのそういう人柄が、ファンレターからも伝わってしまったのだと思います。

良識のある人ならば、上記【回答1】のように考えて自分を納得させることができるものです。でも、あなたにはそれができなかった。

ファンレターなんて、返事がもらえなくて当り前なのに、お友達をうらやみ、「差別」だの「贔屓」だの「気分が悪い」だのという品の無い言葉を吐いてしまうような、あなたの残念な人柄が、きっとファンレターの文面にも出てしまったのでしょう。

だから、もし5年前に2人で一緒にファンレターを送っていたとしても、あなたには返事が来なかったかもしれません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/10/1521:12:16

>返事をもらいだけで書いているわけじゃありませんが、正直気分が悪いです。

いやいや、返事が欲しいから書いているに他ならないでしょう。貰えなくて残念ですね。でもあなただけが貰えない訳ではないので、気にしない事ですよ。お友だちには私には返事なんか来ないのに!見せびらかさないで!とでも言ってはどうですか?

私なんかは返事なんか書く時間があれば練習するか身体を休めるかして欲しいから、返事を期待なんかしません。手紙を書いても住所は書かないです。あ、フロムジャパン位は書いたかな?

自分が勝手に応援してるだけだから、よい演技だけ見せて貰えば何もいらないです。よい演技が何よりの返事だと思っていたらよいのでは?

2015/10/1400:47:00

無名時代、そこまで行かずともファンの少ない時代に応援してくれた人を優先するのは珍しいことではありません。それは差別とは呼びません。
既に自国やエリアでは一定の人気があったりした選手でも、海外や珍しい地域で初めてファンレターをくれたとか、全然見向きもされていない試合で応援して花をくれた人に感謝を込めて、有名になってからも対応するなんてこともあります。それはそれで人として尊敬出来る態度なのでは。

日本選手はそういう点で比較的品行方正と言いますか、その分、システマティックに対応されていて、自筆でない代わりに大勢に平たく葉書等が来ますが。
それはある意味、国民性の問題も関わって、そうなっています。つまり横並びに細かいですからね、日本人。それを把握している連盟が早くから選手達に指導しているのでは。

海外選手はもっと自由ですよ。
そもそもファンレターを貰った側にも選ぶ権利はあるでしょう。人間ですから、心癒されたり、面白かったりした手紙に反応したくなるのは当然です。

贔屓ですか…。
「ご贔屓筋」という言葉をご存じですか?贔屓とは「重きを背負うを好むもの」で、そこから特定の人物を物心から支援することを言うようになりました。
そもそも贔屓はファンの側からするもので、パフォーマーの側からするものではないのです。
そういう日本語の問題は置いておくとしても、贔屓する=重きを背負うのは早い者勝ちであったり、資力勝ちであったり、或いは、人格勝ちであったりするのが当たり前です。その重きを担える力がものを言うのです。
手紙1つで心に傷負うような繊細な方では、その重きに耐えられる人とは思えないので、私ならお願いしませんね。

取り敢えず、ファンは選手の良いパフォーマンスが何よりのお返しだと感じるものだと私は思っています。
話して貰ったり、お手紙を頂けば勿論嬉しいですが、それは福引に当たったようなものであって、期待するものではありません。寧ろ余り気を遣ってくださると、そんなことに気力体力削らないで、と思いますけれども…。

尚、参考までに海外選手で比較的返信が貰える傾向は以下の通りでしょうか。
1:年齢がファン層として珍しい。子供が一番確率が高い。
2:選手のネイティブの言語で書いた手紙。英語訳も同封してあると尚良い。
3:具体的なスケートの話をしている。
4:選手の趣味嗜好を外さず、話題がタイムリー。
5:ポジティブな方へと導いてくれる話展開。
ここから先は文章の巧さであったり、運だったりが関わるのでは。

2015/10/1400:15:42

お友達は5年前からのファンですよね。無名の頃から応援してくれたファンは選手にとっては特別です。会ったりもしているでしょう。そういう人と比べてはいけないと思います。

たくさんのファンレターから探しているのだと思います。5年間の付き合いがあるからです。日本ではフィギュアスケーターはスターですが、海外では学生が部活の延長でやっている感覚です。芸能人のように考えてはいけないと思います。

あなたの友人はファンでなくその方の友人に近い存在だと思います。そしてあなたはファンです。差が出るのは当たり前です。ファンは見返りを求めてはいけませんし、選手の負担にならないよう、返事を期待してはいけません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。