ここから本文です

『新電力本命の東ガス、小売事業登録申請!東電比10%割引なるか?

blue_train22さん

2015/10/1702:18:19

『新電力本命の東ガス、小売事業登録申請!東電比10%割引なるか?

』 2015/10/16


「野村総研の調査では、現行の料金より10%の割引があると16%の世帯が、契約を変更したいと回答」


<東ガス VS 東電>

◆イメージ: 東ガスは、東電のように”人殺し装置”の原発を持っていない
◆安心感: 東ガスは、新電力の中では最も大きな企業
◆電力供給のための発電設備; 東ガスは、新電力の中では最も大きな火力設備を保有
◆発電コスト: 東ガスの方が東電よりも安い?
・東ガスは、東電のように発電しない原発に莫大な維持費をかける必要がない
・原油もLNG価格も4割急落し、円安でも、火力の発電コストは20%ほど下がっている
・LNG火力の発電コストが、従来は最も安かった石炭火力と同等もしくはそれよりも下がった
◆サービス:東ガスは、ガスと電気のセット販売が可能


少なくとも2017年のガス自由化が始まるまでの1年間は、東ガスの方が、東電よりも圧倒的に有利では?
もし電気料金を東電より10%安く設定したら、東ガスの目標のシェア10%など、簡単に前倒しで達成できるのでは?

ただし、東ガスもお役所企業なので、せっかくのチャンスのこの1年間を、攻めないかもしれない?

果たして、
電気料金は現在よりも何%安くなる?
東ガスは東電比何%安くなる?
東電は何%のシェアを失う?



電気料金が同じなら、「原発を持つ会社から電気を買わない!」という人は、国民の3割~6割いるのでは?
ならば、もし東電が東ガスなどの新電力に大きくシェアを取られたら、東電は原発を再稼働ではなく廃止する決断をする可能性もあるのでは?

電力自由化が、原発廃止を一気に早める?



・・・

『東京ガス、小売電気事業の登録申請。ガス・電力・通信等をセットで提供、提供料金が現行の東電より何%割引となるかが焦点』 2015/10/16 RIEF

「東京ガスは15日、2016年4月からの電力小売り全面自由化に向けて、家庭向けや業務用の小口電力小売り事業を実施の申請をした、と発表した。東京電力が基盤とする首都圏で、電力、都市ガス、通信サービスなどの総合サービスを展開する。東電の最大のライバルが出現することになる。

東ガスは同日からホームページで「電力の全面自由化がはじまります」とのキャンペーンを始めた。電力自由化についてのわかりやすい解説や、東ガスの電力サービスへの切り替えの受け付け窓口(来年1月から)の情報などを掲載している。

東ガスの電力サービスの提供エリアは、主に関東地域の1都7県が対象。従来の都市ガスのほか通信サービスなどと電力にセットにして割安な価格で販売するという。料金プランについては年内にも発表する。

関東のうち、離島・集合住宅のうち建物全体で一括での電気契約をしている場合は利用対象からはずれる。また、対象地域は「各県など」としており、将来、さらに周辺県に拡大する可能性も示している。

東ガスの広瀬道明社長は同日、都内で記者会見し、「顧客のニーズに応えるため、当面はいろいろなことを試し、変えるべき点があれば来年4月以降、柔軟に変えていく」と意気込みを示した。通信とのセット販売はまず、インターネットの光通信サービスで始め、携帯電話事業者との提携も目指す。水回りや鍵などのトラブル発生時の駆け付けサービス、ポイントサービスも始める。

東ガスの電力サービスがどの程度、東電のシェアをとるかは、価格設定がカギを握る。先に公表された野村総研の調査では、消費者は価格を電力契約変更の最大要因とし、現行の料金より10%の割引があると16%の世帯が、契約を変更したいと回答している。携帯電話の普及で、サービスの乗り換え慣れした若い世代を中心に、電力小売市場の競争が激化しそうだ。」



・・・

◆「原発」とは、日本最大の「危険」「環境汚染」「無駄」「不良債権」「利権」「規制」だ。

◆電力はあり余っている!

・超猛暑の今夏の最大電力需要発生時でも、電力10社の予備率は歴史上かつてないほどの余裕だった
・電力需要が大幅に減少
2014年の10社合成最大電力は2010年比で、原発37基分が減少
2015年7月の東電の販売電力量は2010年比で、20%以上減少
・大手電力会社から新電力への離脱需要が加速中
新電力シェアは、3月=5.24%、6月=6.7%、7月=7.7%
・新規電力設備が大幅に増強中
震災後から2020年頃に向けて、火力4000万kW(原発49基分)、太陽光6600万kWが続々と建設中

◆燃料費が大幅に減少!

・東電と中部電力は、原発がフル稼働だった震災前の燃料費よりも下がった
・燃料消費量が大幅減少
中部電力:石油消費量1%以下を達成
東電:2015年8月の石油消費量は2010年8月比で1/2以下に下がり、LNG消費量も減少
・原油/LNG輸入価格が4割急落。石炭も2割以上も下落
背景には数百年に一度の「シェール革命」があり定着する

◆CO₂排出量も大きく減少を始めた



東京ガス,東電,野村総研,中部電力,都市ガス,マージン,割引競争

閲覧数:
326
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

vtmtm1234さん

2015/10/1705:42:45

電気料金が上がったのは、自由化前の割引競争に対するマージンの為か?
通信会社が手本のようですね。
してやられたり、ズルいな電力会社 原発ネタにして(苦笑)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。