ここから本文です

借地権 と 賃貸借権 の 違いについて。。。

hik********さん

2008/3/410:29:35

借地権 と 賃貸借権 の 違いについて。。。

仕事で、普段不動産関係と違う仕事をやっており、不動産の関

係の事で会社から担当にされて困ってしまいました。

借地権 と 賃貸借権 の違い がいまいちのみこめてないです。

知り合いの不動産の方に聞いてもあまりわかり易く説明してくれず

どの様な意味合いの違いと効力があるのでしょうか?

皆様ご指導の程よろしくお願いします。

閲覧数:
13,240
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aba********さん

編集あり2008/3/412:22:04

建物の所有を目的とする土地の賃借権は、「借地権」として、借地借家法で民法の規定を大幅に修正して借地人を保護しています。
平成4年7月31日までに契約された借地権については、廃止された旧・借地法の規定が、「契約の更新」を中心に今でも適用されるので、厄介です。

また、建物の賃貸借は、「借家権」として、借地借家法で民法の規定を大幅に修正して借家人を保護しています。

下記サイトを読んでみて下さい。
お仕事で担当されるなら、借地借家法の専門書籍で本気で勉強される必要が有るでしょう。

借地借家法 逐条解説→ http://www.oj-net.co.jp/law/index_cat01.html

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sab********さん

編集あり2008/3/410:58:43

「借地権」=「建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権」
しかし地上権なんて滅多にお目にかかれないので、建物の底地に関する話をする場合には
借地権と賃借権は同じものと考えておいていいぐらいでしょう

(定義)
借地借家法第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
一 借地権 建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権をいう。

sou********さん

2008/3/410:37:05

土地に建物を所有するために他人の土地を賃借している場合、 またはその土地上に建物を所有する為に地上権の設定を受けている場合に、 その土地の貸主に対する借主の権利を 「借地権」といいます。
賃借権とは、賃貸借契約に基づいて、賃借人が目的物を使用収益できる権利のことを指します。目的物が住居の場合、賃貸借している人、つまり入居者は、住居の所有者が変わっても賃借権により保護されます。賃借権は、抵当権が設定される前から対象不動産に入居しており、家賃を遅滞なく払っている入居者に付与されます。基本的に抵当権設定前の既に定められている賃借権は保護されますが、その他の賃借権は保護されません。貸借権で保護された入居者は、競売などによって住居の所有者が変わっても、家賃を払い続ける限り、その住居に住むことができます。つまり、追い出されたりしない権利を持ちます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる