ここから本文です

霧が発生するメカニズムをやさしく教えてください。

アバター

ID非公開さん

2008/3/415:40:45

霧が発生するメカニズムをやさしく教えてください。

閲覧数:
78,546
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

min********さん

2008/3/415:44:54

水蒸気を含んだ大気の温度がなんらかの理由で下がり、
水蒸気が小さな水の粒になって空中に浮かんでいる状態を霧といいます。
現象としては雲と同じで、大気中に浮かんでいるものが雲、
地面に接しているものを霧とよぶそうです。


そして、でき方によって名前が違うそうです。

放射霧
晴れた冬の日などには、地表面から熱が放射され地面が冷える。
そうして冷えた地面が、地面に接している 水蒸気を多く含んだ空気を冷やすことで発生するもの。

移流霧
暖かく湿った空気が水温の低い海上や陸地に移動し、下から冷やされて霧を発生させるもの。

蒸気霧
暖かく湿った空気が冷たい空気と混ざって発生する霧。冬に息が白くなるのと原理は同じ。
暖かい水面上に冷たい空気が入り、水面から蒸発がおき、その水蒸気が冷たい空気に冷やされて発生するもので、
実際は冷たい空気が暖かい川や湖の上に移動した際にみられる。

前線霧
温暖前線付近で雨が降り湿度が上がったところに温度の比較的高い雨が落ちてくると、
雨粒から蒸発した水蒸気で飽和状態となり、余分な水蒸気が水粒となって発生する。

上昇霧
山の谷に沿って湿った空気が上昇し、露点に達したところで発生する霧。
遠くから見ると山に雲が張り付いて見えるが、その中では濃い霧となっている。
動かないように見えても実際は空気が下から次々と上昇している。

アバター

質問した人からのコメント

2008/3/6 09:23:34

ありがとうございました。

「霧 原因」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ten********さん

編集あり2008/3/415:55:43

温度によって空気中に含むことができる水分の量は異なっています。
温度が高いほど、空気中に含むことができる水分の量は多くなり、温度が低いほど空気中に含むことができる水分の量は少なくなります。
で、ここに、温度が高く、たくさんの水分をふくんだ空気があるとします。
その空気がなにかの理由で突然急激に冷えてしまったとします。そうすると、水分は空気中にいられなくなって、水滴になってたたき出されます。
これが霧ですね。
冬の朝などによく霧をみるのは、明け方に突然空気が冷えていくからです。

似た現象で自動車のフロントガラスがくもる現象があります。
http://car.mag2.com/glicense/060221.html

pac********さん

2008/3/415:46:44

暖かい水面などに冷たい空気が流れ込んだときに霧が発生します。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる