ここから本文です

字は汚いけど習字は綺麗な学習障害の10歳男児 タイトル通り 学習障害で支援級の子...

mon********さん

2015/10/2322:38:25

字は汚いけど習字は綺麗な学習障害の10歳男児 タイトル通り 学習障害で支援級の子供を育てています どの先生もとにかく字が汚いので採点ができないと目下一番大きな課題です ですが 学校の習字の授業では綺麗

な字を書いてマルをもらって帰るし 家で落書き帳に書く字も筆ペンだとすごくきれいで読みやすいです 勉強させると問題を読み飛ばし、問いを理解しないまま間違っており 間違っても消しゴムで消さないのでさらに混乱する始末です 習字は集中力もつくし良さそうだと思うのですが ほかの習い事もあり思案中です 硬筆と習字は別物とききますが 習字で読みやすい字を書けるのは学習障害というくくりの中で何か希望をもっていいでしょうか。空間認識etc....なにか特性上 こういうことがあるかもといったアドバイスを頂けると幸いです

閲覧数:
250
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hit********さん

2015/10/3011:21:35

持つ部分の太さ(鉛筆は細い)、持ち方(筆はだいたい立てる)、書く速さ(習字はゆっくりめ)、筆記具の先の弾力(鉛筆は固い)などが関係するのかもしれません。微妙な感覚が息子さんにあったのかもしれない。

心理学的にはいろいろ解釈はあるでしょうが、それはそれとして、習字・・毛筆・・書道という得意な分野があることは、他者からの称賛、自尊心の向上など、よいことだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる