ここから本文です

AGAについて名古屋か愛知県近郊で相談したいです。 薄毛で悩んでいます。 育...

kot********さん

2015/10/2410:18:14

AGAについて名古屋か愛知県近郊で相談したいです。
薄毛で悩んでいます。

育毛剤はいろいろ試しましたが効果がなく、名古屋のAGA病院にもいきました。

AGA遺伝子検査の結果,AGAだと診断されましたが信用できますか?

プロペシアとミノキシジルを服用して一年以上、経ちますが変化はありません。

今の病院でHARGを薦められています。ハーグ治療の効果はどの程度のものですか。harg療法は安全ですか?

服用した意味があったのか?他に考えられる対策があるか教えてほしいです。
宜しくお願いします!

補足無料でAGAの話を聞いてもらえるんですか?

閲覧数:
967
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kam********さん

2015/10/2509:19:07

医療機関に来院し、飲むよりも打つというHARG療法が最も有効策だとお考えになるかもしれませんが十分にご理解いただいたほうが良いことがあります。

近年多くの育毛病院がHARG療法やマイクロニードル(極小針)で肌への育毛剤の導入率を上げる方法が用いられております。

HARGや近年増加しているマイクロニードルをつかった育毛メソセラピーなどには国際的な治験や臨床が行われておらず、HARGに至っては海外で治験を行ったとHPや導入する医療機関では紹介していますが世界の国際学会や学術論文(日本のも含め)データベースのU.S. National Institutes of Health (アメリカ合衆国国立衛生研究所)には世界中でこれまで行われて治験や臨床、さらに治験対象者を募集している治験も含め検索が可能です。
そちらの中で「HARG」と検索をしても効果、効能に対する治験が行われたという結果も表示されません。
HARGと酷似する育毛メソセラピーにしても以下が上記NIHでの検索結果はわずか2件で1件はブラジリア大学付属病院で女性に対してミノキシジルをメソセラピーによって投与する治験が準備されていますが治験対象者の募集にも至っていません。

HARG療法は各国の保健省や第三者機関の監視下の元、安全性や効果が公式に評価された訳ではありません。

毛髪学の国際的な医療ジャーナルである「International Journal of Trichology」ではメディアや一部の医療機関が進めている針をつかった育毛の為のメソセラピーの使用において安全性や効果が治験が行われておらず、データによって証明されていない中で本当に有効な育毛医療の一つであるかは疑問があるとの記事を発表しています。


美顔の為にプチ整形が日本で一時流行りましたがそれを真似て日本独自の方法としてHARGや育毛医療を行う美容皮膚科が転用しています。

毛髪に付着した汚れや埃による衛生面の維持の難しさや化膿するリスク。毛髪があることでの通気性の悪さによる開けられた穴の回復力の悪さが海外の毛髪学の専門医から疑問が上がっています。

HARGや育毛メソセラピーを含め治療を受ける選択肢をされる前に育毛メソの効果や安全性について理解されたほうが良いと思います。

病院でメソセラピーを受けるからといって針を使った育毛剤導入法が安全かつ効果的だと考えるのは危険です。


発毛クリニックが積極的に患者様にAGA遺伝子検査を薦めていますが科学的根拠にかけているとしか申し上げられません。

2010年に日本人類遺伝学会も薄毛などの判断材料に遺伝子検査を用いることに注意が必要だと発表しており、日本医学会臨床部会が2012年、「拡がる遺伝子検査市場への重大な懸念」を発表しています。

ミノキシジルタブレットは育毛薬して認可している国は世界で1国もないのは服用することに対して得られる効果が限定的である以上に体への負担が大変大きいからです。


日本ではミノキシジルタブレットが育毛薬として認知していますがこの薬を開発したアメリカでは育毛薬としての治験を2年行った結果、育毛効果が限定的にも関わらず、服用時の管理が難しいことも却下されました。

一番の問題は浮腫みで顔や瞼の浮腫みは知られていますが排泄機能が低下することで水分が排泄できず、肺や心臓に水が溜まり、心臓機能の低下が生じる恐れがあるといわれています。

ミノキシジルタブレット(正式名 ロニテン)は血圧抑制剤として製造処方されている薬を日本ではミノキシジルが配合されている服用薬であることから育毛薬として転用しているだけです。


ミノキシジルタブレットを開発したファイザー製薬の医薬品各条(医薬品の説明書)には育毛薬や頭髪の成長という記述は一切されておらず、血圧抑制剤として服用する場合において体毛の増加が見られると書かれています。

この副産物的、影響により、薄毛箇所に産毛が生える可能性はありますがこれはあくまでも頭髪にように長く成長する訳ではなく、腕や足の体毛も増加するが服用を中止すれば抜け落ちると書かれています。

血圧降圧剤として得られたデータとして半年ほど経過した時点で服用開始後に増加した体毛が落ち着いてくるということは医療関係や薬剤師が目にする医薬品各条に記載されています。

長期的な服用ができないことも育毛薬として却下された理由です。ですが日本の育毛病院は服用を中止すれば脱毛するので継続を薦めていますが検査や併用薬もなく、ロニテンの特性を理解していない医師が気軽に処方し、患者も服用できるような薬ではありません。

プロペシアを併用する方が多いですが日本の医師は髪が生え戻る薬のような説明をしていますが正確には臨床試験によっても髪が生え戻るほどの改善を遂げられたのは132人中、0.8%程度で大半の86%以上の方は軽度の改善または不変(変化なし)という結果でした。プロペシアでは髪が生え戻るというまでの効果を得られるのは100人中、一人以下です

2015年7月23日に薬理学の専門医療ジャーナルは1998~2013年に18~45歳の低用量フィナステリド製剤を服用し報告された4910件の有害事象から性的不能や自殺衝動が確認されたと発表しました。


2015年6月6日に海外の生化学(細胞やホルモン)の研究をHormone molecular biology and clinical investigationの発表した学術論文で良性前立腺肥大にフィナステリド製剤を使用した患者にEDや性欲減退症状がみられ、さらに男性ホルモンレベルも低下すると発表されました。


2015年5月、NIH(National Institutes of Health アメリカ国立衛生研究所) がプロペシアおよびフィナステリド製剤の副作用や後遺症(ポストフィナステリドシンドローム)について通達を発表しました。

FDA(米国食品医薬局)がPFSの問題には公式発表をしていましたが医学研究を行う、世界でもっとも権威のあるNIHでも同様の発表をしました。

副作用や後遺症はすべての方に起こるものではありませんが日本でプロペシアを処方する医療機関や一部の医師が副作用や後遺症は一切ない薬であるという見解は全く誤っています。


ポストフィナステリドシンドロームの最大の問題は薬の服用中だけ上記のような症状が出るだけではなく、服用を中止しても上記症状が継続する恐れがあり、副作用ではなく、後遺症として症状が残る可能性があることです。


ミノキシジルタブレットやプロペシアの具体的な内容について書いた知恵ノートを掲載していますので参考にしてください。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412855476...

もし愛知県でAGAや育毛についてご相談があれば名古屋駅近くで直接お会いし無料で育毛の相談を承れるサロンがあります。

メンズサロンCOCOは育毛だけではなく脱毛や男性エステも行っているメンズ用の総合サロンです。

20年の美容師を務め、都内の医療機関でも育毛カウンセラーを務めた経験があります。

国内外の育毛事情も承知しています。これまでご自身で行った育毛の間違いや国内の医療機関で提供されている育毛治療の現状。

プロペシアやミノキシジルタブレットがなぜ効かないか。プロペシアの副作用や後遺症の最新の知識をアメリカのポストフィナステリド財団と連携し相談も伺います。

ご本人の頭皮や毛根の状態を確認した上でその方に最適な育毛メニューをご提案します。


こちらのサロンの育毛コースはすべて、国内外の毛髪学の研究者によって効果が証明されている育毛器や育毛剤を取り揃えています。

発毛促進因子「FGF-7」を特許取得技術の針を使わない ノンニードル・メソセラピーにより、毛母細胞にFGF-7を導入するエレクトロポレーション(電気穿孔)導入技術を採用した育毛システムを提供しています。


エレクトロポレーション(育毛剤導入装置)は痛みを一切伴わず、頭皮を傷つけずに出血も一切もありません。

育毛剤の単体塗布と比べて70倍の浸透力が得られ、有効成分をバリアゾーンも通り抜け、患部まで浸透させる特許を取得していますが医療機関では大変高額となるグロースファクターメソセラピーを気軽に導入していただけます。

FGF-7は、発毛に関わり、毛乳頭細胞から産生され毛母細胞に作用し、毛母細胞の増殖・分裂を促すことで毛髪の成長と頭皮の活性を行います。

FGF-7は、別名KGFとも呼ばれ、角化細胞増殖因子、ケラチノサイト増殖因子などと訳されます。その受容体は皮膚など、多くの組織素子区の上皮細胞に存在することがわかっています
AGA(男性型脱毛症) FAGA(女性男性型脱毛症) 円形脱毛症や加齢など、お客様の状況に合わせ、FGF-7(ケラチノサイト増殖因子)やVEGFを導入できます。

女性の方で育毛のご相談を希望であれば女性用メニューもご用意しており、男性とは別のスペースでご相談を承れます。

円形脱毛症や抗がん剤・放射線治療による脱毛のご相談も承ります。

愛知県や名古屋にお住まいじゃない方でも一度来店していただき、これまでの症状や取り組まれた育毛ケアの内容。頭皮や毛根の状態を拝見できればご自宅で同等の育毛ケアを行える方法をご紹介ができます。

AGAやプロペシアの影響。服用している育毛の為のサプリメントの効果判定をするための血液検査を医療機関と提携し行う準備も進めています。

遠方からでもご相談に来ていただく価値は十分にあります。

興味があれば以下のメンズサロンCOCOのHPをご欄いただくか「メンズサロンCOCO」と検索してみてください。

Men’s Salon Coco
http://www.men-coco-coco.com/#!ikumou/c23ub

添付した画像はメンズサロンCOCOで導入している育毛メニューのFGF-7をエレクトロポレーションで導入しての回復例です。

メンズサロンCOCOについてやプロペシアやザガーロの副作用や後遺症についてyahooブログでもご紹介しています。

http://blogs.yahoo.co.jp/kaminonayami_net

医療機関に来院し、飲むよりも打つというHARG療法が最も有効策だとお考えになるかもしれませんが十分にご理解いただい...

  • kam********さん

    2015/10/3112:22:44

    メンズサロンCOCOでは60分の育毛の無料カウンセリングを承っています

    AGAはテストステロンが影響し、薄毛を進行させているとお考えのようですが正しい知識をお持ちでなく大きな誤解をしていると思います

    AGA型脱毛にプロペシアを服用しての2年間の臨床研究でも解明されたようにDHTだけではなく、テストステロンも制御してしまう事が解明され服用期間に関係なく効果が得られている方は限られています

    AGA脱毛にデュタステリドが日本だけで育毛薬として認可されましたが他国では副作用への懸念から未だ育毛薬としての臨床試験すら進んでいません

    リスクを冒さずとも発毛成長因子として効果が証明されているFGF-7を特許を取得している育毛剤導入装置で薄毛箇所に同成分を導入すればAGA型脱毛に効果は期待できます

    名古屋や愛知県でAGA型脱毛に悩み、プロペシアや育毛専門病院で治療しても効果がなかった方ならメンズサロンCOCOに相談いただけばアドバイスいたします

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる