香川真司の好調の理由は?

海外サッカー446閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(8件)

0

うーん香川って今シーズンそんなに調子いいですかね? ドルトムントの試合観ていると、攻撃の中心は明らかにムヒタリヤン、決めるのはオバメヤンとロイスで、香川がいなかったとしても成績はそれほど変わらなかったと思います。

0

大袈裟な回答しますとプレミアリーグ(イギリス)でプレーするという事は言語も変わり自分のアピールの仕方も最初からという事です。 アピールももちろんですがあのときのマンUは監督もすぐに変わり低迷期でした。 監督がすぐ変わるってことは職場でいう上司が変わるって事ですよね? 自分を欲しいと言ってくれた別の会社の上司についていくとその上司は引退して他の人が上司になった。 おいおい ってなりますよね。 そんなときに自分の前の職場の仲間が(ギュンドアン?)が戻ってこいよ と声を掛け戻るわけですがやっぱり自分の居場所がまだあった訳ですよね! 監督、選手、ファンが自分のプレーを理解した上でピッチに立てるのは格別に違いがあるといえます。 ドルトムントの復帰の一年はプレミアで出たり出なかったりの循環をキレイに整える時間だったと思います。 香川はとてもいい選手だと思いますがそれをいかしきれてない日本代表も少しつらいですよね。

0

ブンデスのサッカーに再び慣れさせるまでクロップが起用し続けてくれた事が一番ですかね。 そして、ドルトムントのサッカーが非常に合ってることですね! 結果も出してきて、最近はとても余裕を持ってプレーしてるように見えます。 このまま以前の輝きを取り戻して欲しいです!

0

他の方が仰るように、チームのスタイルとかが大きなポイントでしょう。 で、個人的には、ボール触る機会が多いというのも、復調の要因かな、と。ユナイテッドの時(特に最後のシーズン)やドルトムント復帰年は、ボール触る機会が少なく、自分の中でリズムを作れていなかったような気がします。 あと、ギュンドアンとヴァイグルがいるのは大きい。あの2人と香川を入れた3人組は、それぞれに個性が活きていて、かなり良い中盤構成だと思います。 ドルトムント復帰1年目は、香川もそうでしたが、チーム全体として上手くいってなかったですね。オバメヤンやラモス、セリエの得点王(名前忘れた…)の活かし方がわからなかったような感じですし、フメルスを中心とした守備陣も凡ミスが多く、迷走といった感じでした。 オバメヤンが覚醒したころから、ようやくチームも復調しましたし、伴って香川もチームに馴染んでいって、今シーズンに繋がってるのかなと思います。 あとは、プレミアの方が、ゴール近辺(バイタルエリア含)での守備が速く、かつ強烈だというのもあったでしょう。プレミアの方がレベル高いというのではなく、リーグとしての特性が違うので、岡崎もその辺で苦労してますよね。