ここから本文です

緊張するとトイレが近くなる、というイメージがあるのですが、

mit********さん

2015/10/3116:16:04

緊張するとトイレが近くなる、というイメージがあるのですが、

緊張=アドレナリン放出 ですよね?

アドレナリンは膀胱の排尿筋を弛緩しますよね?そしたら尿を溜めておけるキャパが増えて、頻尿の改善になりますよね?

と考え出したらイメージと一致しなくなってしまって…
どういうことか教えていただきたいです!お願いします。
前提イメージである「緊張するとトイレが近くなる」ことが誤りであるならば、申し訳ありません。

閲覧数:
505
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aeg********さん

2015/11/118:22:30

緊張するとトイレが近くなるのは、膀胱の容量は多少増えるかも知れませんが、こうした下位の問題よりも、脳幹部の橋尿意中枢や大脳などのニューラルネットワークにおける尿意感受性の亢進という上位中枢の問題のほうが大きいと思います。
実際、神経因性膀胱による尿意切迫にはアドレナリンに拮抗させるべく抗コリン薬が使われますが、心因性頻尿にはあまり効果がないので、大脳のGABA系に作用するベンゾジアゼピン系の抗不安薬や、セロトニン系に作用するSSRI等が使われます。

質問した人からのコメント

2015/11/1 22:49:47

そうだったんですね!排尿筋弛緩以外に様々な要因が絡んでいたんですね。
BZ系やSSRIがそのような尿意切迫に使われているのは知りませんでした。
ご丁寧にありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる