ここから本文です

セカンドオピニオンで他の病院にかかりたいときは、今、通院している病院に紹介状...

rya********さん

2015/11/322:12:48

セカンドオピニオンで他の病院にかかりたいときは、今、通院している病院に紹介状を書いてもらう必要がありますか?

閲覧数:
462
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wel********さん

2015/11/322:20:52

セカンドオピニオンとして、他医を受診したい場合は、必ず紹介状が必要です。
その中には現状でわかっている全てのデーターが記されます。
その同じデーターを見て、違う医師がどのような見解をみせるか…患者は両方の意見から自分にとっての有意義な医療を選ぶのです。

ちなみにセカンドオピニオンは保険はきかず、自費になります。

  • 質問者

    rya********さん

    2015/11/323:08:09

    セカンドオピニオンのことがよくわかりました。
    ご回答ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/11/3 23:12:04

ご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

miw********さん

2015/11/322:25:26

紹介状を書いてもらう必要あります。

セカンドオピニオンは、納得のいく治療法を選択することができるように、治療の進行状況、次の段階の治療選択などについて、現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に「第2の意見」を求めること。セカンドオピニオンは、担当医を替えたり、転院したり、治療を受けたりすることだと思っている方もいらっしゃいますが、そうではありません。まず、ほかの医師に意見を聞くことがセカンドオピニオンです。

担当医から説明された診断や治療方針について、納得のいかないこともあるかもしれません。「別の治療法はないのか」と思う場合もあるでしょう。セカンドオピニオンを受けることで、担当医の意見を別の角度からも検討することができ、もし同じ診断や治療方針が説明された場合でも、病気に対する理解が深まることもあります。また、別の治療法が提案された場合には選択の幅が広がることで、より納得して治療に臨むことができます。

病状や進行度によっては時間的な余裕がなく、なるべく早期に治療を開始した方がよい場合もあるので、セカンドオピニオンの準備は現在の担当医に現在の病状と治療の必要性について確認するところから始まります。 複数の医師の意見を聞き、どれを選んでよいかわからなくなってしまうことのないように、最初に求めた担当医の意見(ファーストオピニオン)を十分に理解しておくことが大切です。ファーストオピニオンで、「自分の病状、進行度、なぜその治療法を勧めるのか」などについて理解しないまま、セカンドオピニオンを受けてもかえって混乱してしまいます。これまでの検査結果も一緒に紹介状と持っていけば、同じ検査をする必要が省けます。

セカンドオピニオンを受けるためには、現在の担当医に、セカンドオピニオンを受けたいと考えていることを伝え、紹介状(診療情報提供書)、血液検査や病理検査・病理診断用語集アイコンなどの記録、CTやMRIなどの画像検査結果やフィルムを準備してもらう必要もあります。現在かかっている医療機関からの資料は、セカンドオピニオンを求められる側の医師にとって、患者さんの状態を客観的に評価し、適切な助言を伝えるために非常に重要な情報になります。

なので、紹介状はお願いしましょう。

病院を次々替えるのは、ドクターショッピングになります。セカンドオピニオンとは違います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる