ここから本文です

FXで勝てる人は全体の10%程度だと言われていますが、 FXの取引人口は何人くらいな...

fxtarouxさん

2015/11/404:42:43

FXで勝てる人は全体の10%程度だと言われていますが、
FXの取引人口は何人くらいなのでしょうか?

取引総人口の1割程度と考えて間違いはないのですよね

補足gigadroid1さん、kuma_papa00さん、part_7521さん、ayaaki100さん、matu_5022さん、fxfxfx300さん、koya212011さん、みなさんご回答ありがとうございます。

みなさんのご回答参考になりました。やはり甘くはない世界なのですね…
BAはkoya212011さんにさせてください

ご回答くださったみなさんに感謝。

閲覧数:
610
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koya212011さん

2015/11/621:24:44

そのデータは古いデータです。
まず、7年ぐらい前までの高金利・円安時代はほとんどの人が儲かっていた、ドルを買っていたら必ず儲かる、という時代でした。ですから、日本人のかなりの人が儲けていました。着物トレーダーだとかミセス・ワタナベだとか日本人素人トレーダーの人達の大儲けは世界的に有名でした。

http://www.fx-japan.info/trade/entry13.html

それから、低金利・円高時代に突入し、貴方の見た資料の通り日本人トレーダーで儲かっている割合10%時代に突入しました。それが数年続きました。
ですが、アベノミクス・円安・株高時代に突入してからは状況が変わり、例えば2014年度は日本においては半分ぐらいの稼動口座が利益を上げるようになっていました。つまり、半数程度の人は儲けていました。2015年度の結果はまだ出ていませんが、半分から減る事は予測されていますが、30%程度の人は儲けていると推定されています。
つまり、日本のFX利用者の儲かっている人の割合は年によって全く違っているという事です。2013年度まで数年にわたり、10%時代が続いた影響でこの10%という神話が一人歩きしています。これというのも長らく続いた円安時代にボロ儲けした人が多すぎて(ドルを買えば誰でも儲かったから。しかも数百倍レバレッジ)、当時の人達はロクにテクニカルも手法も何も学習していませんでしたから、円高時代に突入してからの10%は仕方ないかと思います。ただ、この2年程は大きく事情が変わってきています。テクニカルや手法をしっかりと学んだFXトレーダーが大幅に増えています。


参考までにアメリカも定期的に口座の状況が公開されていますが38%程度の人は儲けているみたいです。

http://cfd-advisor.net/fx-2014y2q-ustraderprofit/

それから、日本のFX人口で日本の会社を利用されている実稼動利用人口は約60万人程と推定されています(すいません、確定した数字がどこも把握していません)。ただ、ここ数年は法律的には少し問題がありますが、海外業者を利用される方が激増しています。その利用人口は全く把握されておりません。その分はこの数字には反映されておりませんのでご容赦の程を。つまり、これ以上の利用人口である事は確かです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fxfxfx300さん

2015/11/608:00:16

FX会社の人が1年経ってプラスになっている個人口座は5%って言ってたよ。会社によっても違うかもしれないけど。

matu_5022さん

2015/11/606:57:37

私は5%程度だと思います。

ayaaki100さん

2015/11/419:44:50

FX業者の業界団体である金融先物取引業協会によると、店頭FXと取引所FXを合わせた口座数は、2015年6月末時点で約600万口座。そのうち、4~6月に取引実績があったのは、約76万口座です。一人で複数の口座を使っている人も少なくないようですが、一応の目安にはなるでしょう(取引人口は50万~70万人くらい?)。

「FXで勝っている人」に関する統計は、残念ながらありません。「勝つ」の定義も人それぞれでしょうが、FXの利益を納税している人は、相当少ないようです。国税関係者によると、金融税制一体化・課税強化の流れのなかで、唯一税率が引き下げられたのが店頭FXとのこと(納税額が少ないので、税率を引き下げても影響がなかったから?)。

ご参考になれば幸いです。

part_7521さん

2015/11/415:12:24

日本の人口がおよそ1億2000万人でネットをやっていてFXをしている人の適齢期は20代から60代なのでおおよそ1億2000万人の半分6000万人がいつでもFXができる環境にあり、その内100人に1人がFXをしているとすると日本全国で60万人ほどだと思います。自分の回りでFXやっている人はいないです。自分の回りでは競輪、競馬、パチンコなどをやっている人の方がはるかに多いです。

kuma_papa00さん

2015/11/413:58:57

10%というのはFXの過去の参加者のうち勝ち逃げできた
人の数、もしくは1年間で総参加者のうち勝った人の割合
でしょう。

外国為替市場に必勝法はないので、勝負を長く続けた素人は
全滅する(0%になる)と、その道のプロが明快に説いてます。
詳しくは富田公彦さんの本
「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」
を参照してください。
彼はJPモルガン・チェースを始めとするそうそうたる
世界トップクラスの金融機関の外国為替最前線で
ディーラーを30年続けた人です。

もちろん、ごくごく一部は勝ち続ける人もいるかも
しれませんが、天文学的に小さな確率でしか存在できません。

富田氏の本を読んでも、まだFXに手を出すのは、
個人の自由ですが、FXを安易な投資法として宣伝している
会社は限りなく詐欺会社に近い存在だと思っています。
ねずみ講まがいのネットワークビジネスが違法に
されていないのと同様に、単なる脱法状態と私は考えて
います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。