ここから本文です

to の用法について 四谷学院のテキストの問題なのですが、 本文:When the m...

アバター

ID非公開さん

2015/11/813:06:09

to の用法について

四谷学院のテキストの問題なのですが、

本文:When the matter had been settled to everyone's satisfaction,~

a:To our great delight, she passed the exa

m.
b:it's only two days to my mother's birthday.
c:There is no end to their thankfulness.
d:Positive thinking is a key to everyone's happiness.

本文のtoの用法と同じものをabcdから選ぶのですが、

aは結果用法、bは時間の終点を表すもの、cは程度や限度を表すもの、dは目的を表すもの、と考えました。
※まずここが間違っていたら訂正お願いします。

しかし本文の用法がいまいち分からず、解答はaなのですが、理由がよく分かりません。

どなたか教えてください!

閲覧数:
78
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ko_********さん

2015/11/813:54:11

捉え方はいいですよ。
To one's 感情を表す名詞 というイディオムですね。
例 To my suprise ~

本文の用法もこれです。
settled で一度切れて、to one's satisfaction とつづきます。

よく文頭に来ることが多いので、文末にくるとなかなか見つけずらいのでしょうかね。
文末にも来ることは全然あるので覚えておきましょう。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2015/11/814:00:39

    その用法が隠れていたのですね
    納得です
    ありがとうございました

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる