ここから本文です

ジョギング、筋トレの疲労の取り方について教えてください。 いつもお世話になっ...

sp4********さん

2015/11/1914:36:01

ジョギング、筋トレの疲労の取り方について教えてください。
いつもお世話になっています。ジョギングを始めて1ヶ月、走ったり歩いたり自分のペースでできるだけ毎日こなしてきました。しかし

ジョギング後の睡魔がすごいのです。筋肉痛よりは体が重い疲労感です。
こちらでもそのために筋トレもメインに取り組んでいくことの必要性をアドバイスいただきました。
毎日のトレーニングのパフォーマンスを良くするためにも疲労を残さないようにも気を付けていきたいと思っています。
そこで疲労の取り方を教えていただきたいです。

よくストレッチがよいと聞きますが、具体的にストレッチにかける時間はどのくらいですか?ジョギングや筋トレの直後にしないと意味がないのですか?
またジョギングでたくさん走った日の翌日は休むよりあえてウォーキングするのがよいとも聞きます。それもどうなのでしょうか。

ストレッチはトレーニング直後にする以外で気が向いたらする、などでは効果はないですか?たとえば早朝にジョギング、夜の入浴後のストレッチなどはたいした効果はありませんか?

ジョギング後はタンパク質補給のために豆乳を飲んでいますが、他にも疲労を残さないために食べるとよいものや、するとよいことなどありましたら教えてください。

ジョギング休みの翌日に走るとやはり体が軽くスイスイ走れます。疲労回復させるのはとても大事なことなんですね。できたら今このやる気があるうちはできるだけ毎日頑張りたいのですが、やる気に反して疲労感に困っています。どうかアドバイスよろしくお願いいたします。

閲覧数:
673
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dai********さん

2015/11/2518:33:47

クエン酸の疲労回復効果は否定されています。以前はクエン酸が乳酸を除去するため、疲労を回復するとされていたが、乳酸は疲労物質ではないというのがわかっている。しかしクエン酸はビタミンB1やビタミンB2をエネルギーに変換する働きがある。

活性酸素を取り除くものとして今話題の物質はアスタキサンチン。サケ、海老、蟹の赤い色素。体の中で蓄えが効かないので毎日とるべき物質です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zax********さん

2015/11/2517:17:26

ジョギング後の睡魔は当然だと思います。体が休息を欲しがっているのですから、30分でもいいので、うたた寝したらすっきりしますよ。
筋トレも同様で、限界近くまでやったら眠くなります。これも30分でも1時間でも寝るとすっきりします。

mar********さん

2015/11/2100:26:46

ストレッチは多少筋肉痛をやわらげる程度で科学的には10度の水に5分ひたすなどの方が効果があります。ふくらはぎはマッサージすると余計に張りが強くなるしストレッチもマッサージも最近しないんですが翌日にふくらはぎが貼ることがなくなりました。後は入浴ですね。全身に血流を行き渡らせ新陳代謝を促すには10分湯船に浸かることです。その後に水を数分足にかけるか、浸すなどでも良いケアになると思います。その後やりたいならストレッチでしょうね。しかし大半の人が可動範囲以外まで伸ばしてそれを良いものだと誤解してますね

ogi********さん

2015/11/2020:50:42

個人的には、ビタミン剤(ポポンSプラス)ですかね。

出張に持っていくの忘れると、1週間後帰ってきた後に、ダメージが時間差で出てきます。
(普段の食生活に問題があるんでしょうけどσ^_^;)


後、減量を意識して食事量減らすと、絶対に疲労感でますね。食事はガッツリと!

プロフィール画像

カテゴリマスター

ish********さん

2015/11/2014:04:19

運動直後は生理的に不安定になりやすいので、スタティックストレッチによってクールダウンさせる必要があります。
時間的には10~15分程度で、これ以上はストレッチによって疲れてしまう場合もあります。

傷ついた筋肉は48〜76時間で回復するという超回復という説がありますが、最近では2~4時間後には回復が始まっているという説もあります。
この時を狙って軽い運動を行う方が、血流が良くなるので回復も早まるといったもので、多くのアスリートの経験から導き出された説です。

筋肉を動かすには多量のビタミンやミネラルが必要になります。
また無酸素運動の要素が増えると酸素負債によって乳酸からグリコーゲンが再合成されるので、この時にも大量のビタミンやミネラルが消費されます。
さらに慢性的な疲労の場合は、免疫力が著しく低下している事が多くなります。
ですからハードなトレーニングを続けるには、ビタミンやミネラル、アミノ酸は過剰なくらいに摂取する必要があります。


最後に、ヘトヘトなのに止められない、続けたい・・・。
脅すようで申し訳ありませんが、このままいくと故障に繋がります。
明らかにオーバートレーニング症候群(慢性疲労)の兆候があります。
またこれは心の問題でもあるので、やがて習慣依存(毎日やらないと気がすまない)や強迫性障害(休むと罪悪感に駆られる)などに進む恐れもあります。
僕はこれで故障が悪化し、記録を狙えない脚になりました。
休むことも極めて重要なトレーニングなんですよ。^^;

kai********さん

2015/11/2008:42:04

疲労感は来ません。
ストレッチは最近、一切しません。

ひょっとすると、宗教みたいなことかもしれませんが「長時間の有酸素運動を継続することで、疲れない体になる。」という話に基づいてたくさん歩きました。
筋肉痛や局部的痛みなどはあっても、疲労感や虚脱感、眠気は来なくなりました。速くはないものの、フルマラソンも走ります。そして帰路、電車でも座らずに徒歩で帰宅しています。

その論によると「脂肪を運動のエネルギーに出来るようになることで、疲労しなくなる。」とのことで、私論としては頭脳へのエネルギー供給が足りているからかと思っています。

ご回答にあるクエン酸は粉体で買ってあり、使ったり使わなかったりですが、効果は判りません。BCAAをただいま使っていますが、元がそんなわけですから効果を実感していません。
休養をお取りになったよく日、調子がよいのでしたら体が回答するように、そのようになさったらいかがでしょう。

継続なさることで、何らかの変化もあるでしょうからやれること、継続できることを大切にお続けください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる