ここから本文です

オオサカ堂というサイトで「デパス」を購入しようと思っています。 サイトによる...

having_frieさん

2015/11/1915:33:53

オオサカ堂というサイトで「デパス」を購入しようと思っています。
サイトによるとシンガポールから発送されるようなのですが、シンガポールは麻薬に厳しい国だと聞きました。

以前、友人が旅行でシンガポールにいった際、デパスに似た薬を所持していたところ空港で色々言われたと言っていました。

なぜこのような厳しい国から発送できるのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
2,720
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

meru09010228さん

2015/11/1915:49:02

なぜかはわかりません。
もしかしたら怪しい経路なのかもしれません。

それよりもデパスをご自分で購入するのは止めるべきです。
処方箋がないともらえない薬なはずなので、医師の診察を受けてください。
そうすればなぜシンガポールから手にいれることが出来るのか、ということ自体を考えなくて済みますよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/11/1917:55:06

勘違いしているが「サイトで購入」するわけではない。
オオサカ堂の「堂」という字であたかも薬局や薬店のような誤解を生じさせているが、たんなる輸入代行業です。あなたはシンガポールから輸送されたものをオオサカ堂から買うのではなく、オオサカ堂があっせんして代行してくれる手続きを利用してシンガポールの業者から個人輸入をするんです。
そもそも購入するなら問題のある商品であればオオサカ堂を訴えることもできるし国内法がオオサカ堂を縛ることになるがオオサカ堂は個人輸入の代行手続きをしたにすぎないので薬が偽物だろうがトラブル起こしてあなたが死のうがオオサカ堂には痛くもかゆくもないのです。そこまでが前提。

>なぜこのような厳しい国から発送できるのでしょうか?

デパスは麻薬ではない。
そして向精神薬であろうと受け取る側ではなく「出す側」です。
つまり被害者が国内に出るわけではないので厳しかろうが甘かろうがどっちでもいいのです。少なくとも受ける側の国(この場合は日本)が承認しているのであれば医療用医薬品であれば普通にだせます。また個人輸入で分量も限られていますから問題とされないんです。それが友人の持ち込みの際にいろいろ言われたのに輸出は楽にできる理由です。

2015/11/1917:29:37

junkeimaneさん

2015/11/1917:10:15

サイト購入は 危険です。病院で貰うのが 安心です。

2015/11/1917:03:59

デパスは日本で最も多く処方されてる抗不安薬だが
何故か向精神薬には指定されてないので通信販売ができる。
一応、この薬も処方箋が必要だが、デパスだけ容認されている。
日本製と違う点は日本製は1シート10錠だが、輸入品は
1シート21錠。商品は本物かどうかはわからない。
(購入したことないという意味)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。