ここから本文です

マイナンバー制度で預金封鎖が視野に入ってきたようですが タンス預金でも新円切...

cbs********さん

2015/11/2514:08:44

マイナンバー制度で預金封鎖が視野に入ってきたようですが
タンス預金でも新円切り替えでダメになるなら
どうしたらいいのでしょうかね?

以下指摘あり



マイナンバーは国民にとって百害あって一利なしの制度です。



ところで
官僚 特殊法人 天下り 消費税 抵抗勢力 などの言葉で検索するとわかりますが
既得権益が日本を借金まみれにしたのですよ。

たとえば・・・(こんなホームページは腐るほど出てきますよ)
http://homepage3.nifty.com/_ozawa/hatan/tokusyu.htm
そしてこのキャリア官僚は数万人いて1人あたりが生涯で数億円の報酬を受け取るのです。そして発行される国債は国民が銀行を通して買っています。国民が国にお金を貸しています。

このような人たちが考えるのが、天下り削減などには徹底的に抵抗して

A お金の価値を落として 借金を目減りさせ対照的に国民の資産に損害を与えること
B 国民から奪い取ること

Aが 日銀の異次元の金融緩和であり Bが消費税増税だったり預金封鎖の準備だったりします。

特に日本国籍のまま日本に銀行預金を置いておくと危険です

よくマイナンバーを推進する人間が国民を騙して納得させる口実として
「仮名口座ができなくなる不正が防止できる」と言いますが事実ではありません。

・2003年に施行された本人確認法
・2008年に施行された犯罪収益移転防止法
・国税総合管理システム(KSK)
で銀行口座開設時の本人確認と入出金は全部国税局にデータが行き筒抜けです。
だから仮名口座摘発など悪質なウソです。

一方 平成9年に大蔵省が官僚が増やし続けた国の借金を対処するために預金封鎖財産没収をするシナリオの検討を始めてその際外国人と日本人を区別する国民総背番号制が絶対に必要と結論が出たそうです。

要するに昭和21年に増え続ける国の借金を預金封鎖で解決した時はそれまで国交断絶で外国人の資産を巻き込むことはなかったが今はグローバル化などで避けなければいけないのでマイナンバーが必要になる。しかし預金封鎖はある日突然の騙し討ちであり(事前に通告すると取り付け騒ぎになる)それを言えないから別の「脱税防止」などの理由を掲げて誤魔化しているって話ですね。

マイナンバーカードを持つのもプライバシー侵害の危険があり、かつマイナンバー浸透させる思惑にはまる。一方財政政策では金融緩和で銀行預金の価値は下がって預金封鎖の危険がある。


私には官僚の身勝手から出た国民搾取構想に飛び込む
飛んで火にいる夏の虫 にしか思えませんが?

閲覧数:
387
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tsu********さん

2015/11/2518:36:42

①預金封鎖は「起きるもの」ではなく「起こすもの」です。そして後述のようにそのつもりでいるのは事実です。

②国債が暴落する可能性を考える上では、現在の金利や借金額や個人金融資産額は重要なファクターではありません。日銀総裁自身が円の価値を落とすと宣伝していること自体が一番のリスクです。株価が下がるとわかっていれば株の空売りをすれば儲かるのと同様、国債の引き受け能力に関係なく円の価値が下がるなら円建て資産を買うよりも売る方が投機取引にとっては儲けのチャンスが広がります。


①について
法整備がされていなければ万が一国債暴落が発生しても預金封鎖はできません。逆に法整備がされていれば国債が暴落していなくても預金封鎖はできます。

黒田総裁は預金封鎖は通貨価値の暴落によってしか起きないものであると言う嘘の刷り込みをしています。もしそうならば、2013年のキプロス他預金封鎖が起こる前は強烈なインフレに襲われているはずですがそんな事実はありません。
http://ecodb.net/country/CY/imf_inflation.html
知恵袋でも馬鹿な奴が30%以上のインフレにならないと預金封鎖が起こらないだの、戦争で生産設備が破壊されないと預金封鎖が起こらないだの頓珍漢なことを言っていますが、反例を出せばそんなものは一蹴できます。
実際には終戦後の預金封鎖の時に使われた法律は全て廃止されており、核ミサイルが飛んで来ようが富士山が爆発しようが何が起ころうと預金封鎖ができない状態が長らく続いていたものを、1997年に大蔵省内部で預金封鎖の検討が始まってから法整備を進めています。

当然大蔵省主税局出身の黒田総裁は当事者であり知っているのです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215237600...

②について
身を切る改革をせずに国民にしわ寄せをかぶせる目的の官僚が考えることは3つしかありません。
・調整インフレで国の借金を踏み倒す→今アベノミクスでやっています
・増税をする→「消費税増税しないと国債暴落するぞ」と脅しています
・預金封鎖のような形で財産を没収する。→法整備を進めています

メカニズムは省略しますが(疑問ならば別に質問を立ててください)アベノミクスの金融緩和では「円安」「インフレ」「低金利」になります。
そのようにすると予告しているわけです(そしてインフレにすれば消費税増税できると思惑があります)。


日銀が目指す物価上昇目標に比べて金利が異常に低い。それなのに日銀が「円高是正」などと言っているわけですから外国人からすれば円建て資産保有ほど馬鹿馬鹿しいものはないでしょう。円安にすると言っていること自体が問題です。数年後に「今になって思えば円資産を持つことは愚かだった」と言うのとは異なり、今現在「円建て資産を持つことは愚かなことだよ」と日銀が宣伝しています。これは国債も同じことが言えるはずなのですが日銀自身が金融緩和で刷った紙幣を国債買いにつぎ込んで債券市場を操作しているために投機取引の場として暴落しないだけです。それもこれも金融緩和から消費税増税の方向性を作りたいだけなのですが、今度は出口がありません。金融緩和をやめるときに損失を免れたい市場関係者が騒動を起こす可能性があります。混乱を予想しているのか安倍首相や政府税制調査会が度々「マイナンバーの適用範囲を銀行預金に拡大する」と言っています。銀行の預金金利は源泉徴収で脱税なんてありえないのですが 脱税できないものをマイナンバーで捕捉すると言っているのですからこれほど物騒な話はないと思いますね。

/////////

結局、「官僚が作った借金を全部国民負担でかぶせてしまえ」と言う思惑から調整インフレと増税に走ったものの増税が延期になるとその分発行する国債を金融緩和で引き受けないといけない、それが更に円建て資産の価値目減りになり 株式市場や国債買いの市場操作が限界に来ればまずい事態になる。
そう思っているわけです。その場合はまずい事態になる前に預金封鎖を「起こす」でしょうね。

こんな 官僚の身を切る改革には手付かずで増税か調整インフレか預金封鎖か選択を余儀なくされるアベノミクスをまともな政策だと思い込んでいる国民がいる限り円資産を持つことなどリスクがありすぎます。

何の心配もないなどとんでもないことです。
安倍政権が続く限りどう転んでも日本には先がないと思いますね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる