「踊るさんま御殿」の投稿の賞金は何で5万3千円という中途半端な金額なんですか?

「踊るさんま御殿」の投稿の賞金は何で5万3千円という中途半端な金額なんですか?

ベストアンサー

4

以前同様の質問に回答しましたので、こちらに貼り付けておきます↓ 朝日新聞のテレビの疑問みたいなコーナーに同様の質問が載っていました。 そこでのさんま御殿関係者の方の回答は、 「賞金を毎週少しづつ上げていったら面白いんとちゃうか、というさんまさんからの提案もあって5万円の次は5万3千円にし、さらに翌週は5万3500円にしてみたものの、さすがにこれは中途半端すぎるとのことで、5万3千円に落ち着きました。」 ということでした。 調べてみたらウィキにも賞金についての話が載ってました。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B8%8A%E3%82%8B!%E3%81%95%E3... 【以下、ウィキペディアより抜粋】 視聴者からもテーマに沿った実際にあった出来事の投稿を募集しており、採用された人には賞金53,000円が贈られる。なぜこのような中途半端な金額になったのかは、さんまから「謝礼を少しずつ上げていったらどうなるか」(※)と言われ現在の額に落ち着いた。 (※)番組宣伝担当者によると楽屋トークから出たジョークが生んだ金額で、収録後のある日スタッフ全員で放送を楽しんで見ているとさんまからの提案で2002年1月29日まで5万円だった金額を翌週から3000円増額、4週間後には500円上乗せしたが、さすがに中途半端だという思いがあり¥53,000に戻った。 つまり¥30,000(開始)→¥50,000→¥53,000→¥53,500→¥53,000である。

4人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

最初は5万からで、徐々に上がっていき 一時期は5万5000だったそうです。 ただ、理由は覚えていませんが3000まで減らしたと TVか何かで聞いた覚えがあります