テクノロジー犯罪と集団ストーカーの被害者です。 一つ疑問があります。テクノロジー犯罪はMKウルトラから派生しており、

テクノロジー犯罪と集団ストーカーの被害者です。 一つ疑問があります。テクノロジー犯罪はMKウルトラから派生しており、 集団ストーカーはコインテルプロやシュタージのプログラムから派生しています。 テクノロジー犯罪では最先端の軍事技術が悪用されて米軍が多数の資料を公開しており、集団ストーカーではコインテルプロやシュタージのプログラムと類似のものが悪用されています。 そしてバリー・トラウアー氏(元英海軍)、カール・クラーク氏(元英諜報機関)、ロバート・ダンカン博士、マーク・フィリップス氏(元CIA)や5人のFBIの元捜査官などが告発しています。 そしてこれらを、日本国内では創価学会が中心になってやっていると言われていますが、これがとんでもなく矛盾していると思うのは私だけでしょうかね?

その他の回答(8件)

0

コミュニティーとしては大きな団体だから、人数が多いと言う意味においてギャングストーキングの中枢を占めいているのかもしれません。 一億そう活躍社会とアホな総理もタイトルを付けて一般人を犯行に巻き込もうと必至です。

0

最近のイジメ加害は集団で個人を標的にして常時イジメ加害を楽しむ。 加害者と遭遇する時間の間隔を2週間以上空けるとと標的から逃れる事が出来る。 常時イジメを長期間行う為には優しい人に見える人柄の引き込み役が存在する、 優しく見える引き込み役に気が付かないとイジメ被害が長期に続く。 加害者や 引き込み役とも逢う間隔を2週間以上空けるのが良い。 2週間以上空けて逢えば嫌な加害者も気にならなくなります。 2週間以上遭わなければ加害者の方が待ちくたびれます。