ここから本文です

10年以上前に脳梗塞を患ったものです。

アバター

ID非公開さん

2015/12/312:58:34

10年以上前に脳梗塞を患ったものです。

家族の協力を受け、リハビリを続け、家の中では伝い歩きができますが、家の外では不安を感じます、また無理をお願いし再生医療の診察も毎年お願いしてます、ところで最近ネットで、サンバイオという会社が脳梗塞用の薬を発売し
米国で試験治療を開始したと聞きましたが、日本では厚生省の認可がないと知りました。
脳梗塞は治療費もかかり、短期間に削減されましたが、リハビリ費用も掛かります。
また発明の実も外国に取られます、なぜ厚生省は積極的に支援しないのでしょうか、
成功すれば医療費も削減できると思うのですが

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
574
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nak********さん

2015/12/905:44:16

本人も周りも心配や恐怖に首根っこつかまれたか身のすくむのごとくかと存じますが、一経験談として、お読みください。

父の友人の奥さんが、脳梗塞で倒れたそうなんですが、もともと学校の先生で知的プライドも
高く、なかなかリハビリに一生懸命になれず、ヒステリックになっていたそうなんです。それで「お前、いい知恵ないか?」と電話で尋ねられ、それならばと、自分の持っていた本の中から、アメリカの脳科学の天才的権威が正に突然の、脳卒中で倒れたものの目から鼻に抜けるような自己洞察、論理的専門的知識、直感的独創的リハビリ、そして周りの血の通った献身的サポートによってまた大学で教鞭を振るうまでに回復した自伝『奇跡の脳』、禅宗のお坊さんの名言を分かりやすく解説した『ほっとする禅語』、リハビリのとっかかり、ウォーミングアップに最適かと、ゆる体操のDVD付き入門書『ゆるスポーツトレーニング革命』を送ってもらった所、一番目の本を中心に気にいって下さり、リハビリにも気が乗るようになり、周りが腰抜かすんじゃないかと言
うほど、本腰入れた結果快復に向かっていったそうです。

いい意味で、眉に唾つけて読んでいただいて、参考にしていただければ幸いです。とにもかくにも首を長くして快復を祈りましょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる