ここから本文です

先日、創価学会は、

先日、創価学会は、

「世界宗教として新たな飛翔の時に創価学会の宗教的独自性をより明確にするために改定した」(11月17日)
として、勤行の改変を行い、日目上人(にちもくしょうにん)の御供養の観念文を削除し、一閻浮提総与・三大秘法の表現も削除しました。

創価学会は三大秘法の事の戒壇について、
「事の戒壇は広宣流布の事相によって御本尊様のおられる場所」
という解釈をしています
創価学会脱会 予備軍 の 野良の三毛猫
ですが、 来ました ついに ここまで、
無茶苦茶である。
池田の 息子も あほらしい

詐欺集金団体も ここまで来ました。
親父も バカなら
息子もばか


理事は 財務で 銀座で 豪遊
だなぁ。


近所の 創価学会会員に、日蓮正宗、への 改宗を 勧めるが

宗門が 悪い バカ
ばかり 創価学会は バカの ぬるま湯であり
思考の 放棄ですね。

あの 昭和52年 日達様に 逆らい
慢心と化した 池田大作 モグロ フクゾウ は、創価は 創価の 道を 行きます。
あほくさ バカ まっしぐら。

創価学会 地獄
創価学会は 地獄に 落ちた。

戸田 門下生も 地に 落ちた。

SGI バカばかり バカ インターナショナル 世界中。 だなぁ。

創価学会,三大秘法,喪黒福造,にちもくしょうにん,戒壇,日蓮正宗,日道花押

閲覧数:
435
回答数:
8
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ごごっちさん

2015/12/509:48:15

日蓮正宗が、大謗法の新興宗教であると誹謗する創価学会。その創価学会が寄進して購入した土地(日蓮正宗からすれば大謗法の地)に建てた奉安堂が〝事の戒壇〟?(笑)
http://6001.teacup.com/qwertyui/bbs/2331


この変更にあたって、1958年(昭和33年)に発刊された本書が手元にあったので、再読してみました。
改めて気がつくのは、日蓮正宗の勤行のスタイルが、時代とともに簡素化の歴史をたどってきたという事実です。
現在の日蓮正宗がおこなう「御観念文」は、本書に登場する「御観念文」よりも、いくつかの部分で簡略化されていることに気がつきます。
まず、1950年代の「初座」では、
「生身妙覚自行の御利益・・・大明星天王」のあとに「天照大神・正八幡大菩薩」が入ります。そのあとは「等惣じて法華守護の」以降は現在と同じです。
同じく「四座」では、
「祈念し奉る・天皇陛下護持妙法・爾前迹門の謗法退治」「祈念し奉る我等弘法の誠意大御本尊に達し」と冒頭に入ったのちに「一天四海本因妙・・・」と続きます。
さらに「五座」では、
「日本国中当門信仰の面々内得信仰の面々」と冒頭に入ったのちに「各々先祖代々の諸精霊追善供養の為に・・・」と続きます。
実は「御観念文」に限らず、勤行の形式そのものも簡略化の歴史をたどってきたことがわかっています。
江戸初期までに制定されたと考えられる、日蓮正宗総本山大石寺での勤行のスタイルは、お堂をめぐりながら1セットずつ法華経を読誦するものだったようです。
こうやって「座」を立って、移動しながら法華経を読誦する形式が、のちに「初座」「二座」「三座」などの名称として残ります。
法華経読誦のあとには、題目を300遍唱えたあと、「御観念文」を念じました。
後年、「引き題目」なる「間のびした題目」をもって題目100遍に替える、という不思議な決まりをつくって、題目300遍は「引き題目3回」に変身してしまいます。
この時点で、お堂をまわっていたのが1カ所で済ますように簡略化され、題目300遍は引き題目3回に時間短縮されたことになります。
要するに、信仰の基本である「勤行」や「御観念文」も、歴史をたどれば簡略化の繰り返しであった、という事実が、この「御観念文」の変化から読み取ることができます。
信仰の儀式のスタイルは、永遠不変のものではない、ということが再確認できたように思います。
http://www.amazon.co.jp/review/R2P9XJPI32Z6HM/ref=cm_cr_rdp_perm


「宗門から学会を取ったら何も残らない」「学会以外に宗門に取るべきものがあるかね」「学会の出現がなければ、今ごろ宗門は潰(つぶ)れていた」(59世法主・堀日亨上人)

確かに、600年もかけて寺はわずか87、坊主は47人、信者はわずか3万人だったという大石寺派の実績(明治37年内務省調査)が、宗門には信心も、やる気も、一切何も無かったことを物語っています。


現存する「日興跡條々事」は明らかな改竄が見受けられます。そのことについては、堀上人が編集に全面協力して1925年(大正14年)に完成した「日蓮宗宗学全書全18巻」(日蓮宗宗学全書刊行会編)の第2巻に、大石寺所蔵の「日興跡条条事」を収録しており、この中で「日興跡条条事」の第二条に関して編纂者の堀上人自ら、

「凡そ四字は後人故意に之を欠損して授與之の下に相傳之可奉懸本門寺の九字を加うる」

と、大石寺派が唯一の戒壇の御本尊が存在した根拠としている史料が「4文字が意図的な削除、9文字が後で書き加えたもの」であるという事実を記録し公開しているのです。


実は、大石寺派が改竄や偽作をやらかしたのは、他にもいくつもあるのです。例えば、
①「日蓮聖人真蹟集成」第9巻に所載の「竜門御書」の日蓮花押を、昭和38年再版の「日蓮正宗聖典」掲載した「諫暁八幡抄」の文末に貼り付けた。
②昭和53年再版の「日蓮正宗聖典」に掲載した「諫暁八幡抄」には花押がない。
③昭和51年発刊の「日蓮聖人真蹟集成」第9巻に掲載した「諫暁八幡抄」の文末には、何と「日道花押」があり、実はこれが本物。

この意味が分かるでしょうか?
大聖人の「諫暁八幡抄」を日道が書写して記載した日道花押の個所を削除したり、「竜門御書」に記載された大聖人の花押を「諫暁八幡抄」の日道花押があった部分に貼り付けて値打ちを上げようという、完全にサギ師の手口で偽造しているのです。花押とは、現代で言えば印鑑証明のようなものですので、これは明らかな「文書偽造の犯罪行為」です。これが大石寺派の「富士の濁流700年」の実態なのです。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=460057&id=75077729

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

nin********さん

2015/12/1220:29:13

こんなインチキ詐欺集金ペテン朝鮮カルトに引っ掛かって、財務とかいって金むしり採られて任務とかいってストーカー電磁波犯罪の片棒担がされて本当に大馬鹿野郎だよ。
馬鹿って罪な事だな。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

t_o********さん

2015/12/813:26:38

創価は最初から宗教の風上にも置けない傍若無人教団。
地に落ちる以前に最初から永遠に地に着いたまま。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sty********さん

2015/12/707:57:18

日蓮正宗信徒の者です。
日蓮正宗御宗門様は、
何も悪くありません。
一度最寄りの日蓮正宗寺院へお越しになり、その目でお確かめ下さい。

以下、
創価学会の邪義を破折させて頂きます。
まず書き込まれている内容は、勤行の簡略化にはなりません。
御観念文の定着による省略です。

また明治時代の日蓮正宗の寺院数については、廃仏毀釈と仏教の統制により、日蓮正宗寺院も大半が身延と合同させられ、大石寺の下方で、開基檀那の南条家が住持していた下条妙蓮寺さえ、身延合同を免れない状況でした。
そんな中でも頑なに独立を維持していたのが大石寺です。
それだけの数が大石寺に残っていたのは、特別な事です。

また【日興跡条々事】は、日興上人様の御真筆が残り、改変されたのも日興上人様御自身です。
正本と案本の、二文があるだけの話しです。

また諫暁八幡抄も、複数の写本が現存し、そのどれを出すかは大石寺の勝手であり、とやかく言われる筋合いではありません。
創価学会は、
賎しい捏造野郎です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

wan********さん

2015/12/707:16:03

うそつきの特徴は悪口を言う、なぜなら不安がる人は騙し安い

うそつきの特徴は脅しを言う、なぜなら怯える人は騙し安い

2015/12/511:08:47

創価人曰く
「日々進歩している」
法華経の行者の当体を捨てることも進歩

三大秘法を捨てることも進歩

日興上人以下を捨てることも進歩

気づいたら五老僧の仲間入り

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる