ここから本文です

英文法について質問です。 thinkやsayといった動詞は後ろにthat節を置けるわけ...

にしさん

2015/12/1112:30:09

英文法について質問です。

thinkやsayといった動詞は後ろにthat節を置けるわけですが、逆に置けない動詞とかあるんですか?

その法則を教えて欲しいです。

閲覧数:
154
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuj********さん

2015/12/1115:05:26

そうですね、、うまく質問に答えられるか分かりませんが、
thinkやsayは、頭の中のあんなことやこんなことを、考えたり口に出したりすることなんですね。日本語で考えても、
I think him.「私は彼を考える」?
I say him.「私は彼を言う」?
なんて変ですよね。
頭の中のいろいろな事柄は一言では言い表せないので、that節を使って長々と表現する訳です。
同じようにthat節を取る動詞には、think, say, tell, imagine, suppose, hope等があります。

>逆に置けない動詞とかあるんですか?
同じ「話す」でもspeak, talkは自動詞(他動詞の用法もあり)で、that節を取ることができません。
talk/speak to(with)人「Aと話し合う」という形を取ります。

このあたりは入試頻出ですね。

※参考にしてください。

  • fuj********さん

    2015/12/1116:22:22

    ちなみに、speakは、名詞がspeech「スピーチ、演説」であることからも分かるように「口から言葉を発する」という意味合いが強い動詞です。
    talkも、形容詞がtalkative「おしゃべりな」から分かるように、「しゃべる」という意味合いを持っていますね。

    sayやtellとの区別は、上のように考えると分かりやすいかも知れないです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/12/18 11:24:02

回答ありがとうございました。
成る程、他動詞の中でも取れるものと取れないものがあるんですね。
流石、言語、その辺は決まり事なんですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

らうんどさん

2015/12/1112:39:35

名詞には「もの」と「こと」があります。

that節は、「こと」を表す名詞節です。
think, say, know, tell などは「こと」も「もの」も目的語にできますが、「もの」しか目的語にできない動詞の場合、that節をつなげることができません。(意味にならない)

I eat
I have
I make
I buy

これらはものならあとに置けますが、「こと」はつながりませんね。

法則とかじゃなくて意味として成り立つかどうかを考えてください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不破純人さん

編集あり2015/12/1112:38:18

that節は、名詞扱いなわけです。なので、名詞を取らない文型の動詞が、それに当たります。

第1文型の動詞、つまり、完全自動詞は後ろにthat節を置けない。

go come などですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる