ここから本文です

アディーレ法律事務所に依頼してすべて完済済みの過払い金の請求して3社と解決して...

アバター

ID非公開さん

2015/12/1416:06:11

アディーレ法律事務所に依頼してすべて完済済みの過払い金の請求して3社と解決して返還金予定ですが、

返還金途中返還依頼書を記載してアディーレ法律事務所へ返送してから1週間から10日で返還金が自分の口座に入金される予定の話です。
アディーレ法律事務所で過払い金返還された方にお聞き致しますが、実際はどの位で返還金入金されましたか?

また何で元々は依頼者のお金なのに、法律事務所の口座に全額返還金が入金されるまで一時的に返還金をプールするでしょうか?(返還金途中返還依頼者記載して返送しないと過払い金該当金融機関からの返金が全部入金されないと依頼者には返還されない)
他の法律事務所の中には返還金入金され次第、1社でも返還金入金されるところもあるらしいですが。

閲覧数:
15,653
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

biz********さん

2015/12/1601:55:05

どの位で返金されるのかは分かりませんが常識的に1週間前後ではないでしょうか。
アディーレ位大きな事務所になると下手な事はしないと思われます。
何百人と居る事務員を背負っている事務所ですから、数名の事務所とは責任感の重さが違うのかなと思います。

依頼者のお金ですが、報酬金を引く必要があるからではないでしょうか。既に払っているのでしたら別ですが、通常、成功報酬はどこでも過払い金から差し引かれます。

また途中清算のリスクとして、使い道によっては、依頼者が破産に転じてしまった場合のリスク(偏波)があると思われます。

なので慎重になっているのだと思いますがどこの事務所でも偏波のリスクは重々承知しているはずです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「アディーレ 法律事務所」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pot********さん

2015/12/1503:17:48

理論的には、「3社の過払い金返還請求」を1つの事件とみるか、「それぞれの会社に対する過払い金返還請求」を1つの事件とみるか、という考え方の違いです。

「3社の過払い金返還請求」を1つの事件とみるならば、依頼人に対する過払い金返還は、理論上、すべての過払い金が入金された後に報酬の精算が終わった時期になります。

まあ、上記の理論的な部分は措くとします。

実質的な理由はいくつかあります。

1 お金のありがたみを実感してもらう。・・・過払い金をまとめて返還した方が、まとまったお金なので無駄遣いしない可能性が高くなる。細かく返金していると、無駄遣いする人結構いる。弁護士からすると、せっかく返ってきたお金だから、あんまり無駄遣いして欲しくないというのが本音。まあ、そうはいっても過払い金返還金をどう遣うかは、依頼人の自由なんだけどね。でも、これが最大の理由。

2 事務手数料の問題・・・事務所によっては事務手数料とか取るところがある。1社ごとの精算は、事務作業が多くなるのだから、事務手数料が多くかかるという事務所はあるかも。

3 面談の必要・・・もし、1社ごとに事件が終了すると考えると、事件が終了したことの確認の面談が理論上必要になる。少なくとも、和解書やら判決書、お金の精算書の引渡しが必要になる。それはお互い面倒なだけじゃないかな。終了の面談を省略すればいいんだけど、終了の面談を省略するのは依頼人の申し出が必要だろうね。

なお、お金を一時的にプールしても法律事務所的には、メリットはほとんどないよ。

ham********さん

2015/12/1416:15:49

送金を一回ずつやるのが面倒だからでしょ。そうはいっても1社ずつ返すのが本来の形だと思いますが。CMみて短絡的に依頼したのだから仕方ないですよ。個人事務所とか融通きくところに頼めばよかったのに。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる