ここから本文です

マイルス・デイヴィスを聴いています。

AHOO! JAPANさん

2015/12/2209:37:40

マイルス・デイヴィスを聴いています。

Miles Davis - [1950] Birth Of The Cool & Conception;
Miles Davis - [1951 & 1956] Blue Period & Collectors Items;
Miles Davis - [1951] Dig & Blue Haze;
Miles Davis - [1952, 1955 & 1954] Young Man With The Horn, Miles Davis Volume 2 & Miles Davis Volume 3;
Miles Davis - [1952] Our Delight;
Miles Davis - [1954] Walkin & The Musing's of Miles;
Miles Davis - [1954-1956] The Mute;
Miles Davis - [1955] Blue Moods & Quintet/Sextet;
Miles Davis - [1956 & 1951] Workin' & Charlie Parker-Swedish Schnapps (Selections);
Miles Davis - [1956 & 1958] Steamin' & Ascenseur Pour L'Echafaud;
Miles Davis - [1956] The New Miles Davis Quintet & Miles Davis With Horns;
Miles Davis - [1957] Cookin' & Milestones;
Miles Davis - [1957] Relaxing & Bag's Groove;
Miles Davis - [1957] 'Round About Midnight (HD 24-96);
Miles Davis - [1957] 'Round About Midnight + Miles Ahead;
Miles Davis - [1957] The complete Amsterdam concert;
Miles Davis - [1958] 1958 Miles + Porgy And Bess;
Miles Davis - [1958] Miles Davis And The Modern Jazz Giants & Somethin' Else;
Miles Davis - [1959 & 1958] Kind Of Blue & Michel Legrand-Legrand Jazz (Selections);
Miles Davis - [1959] Kind Of Blue (HD 24-192);
Miles Davis - [1960 & 1958] Sketches Of Spain & Jazz Track (LP Side B + 1 Track);
Miles Davis - [1960] European Tour, Kongresshaus, Zurich, Switzerland, 8th April 1960;
Miles Davis - [1960] Live in Zurich 1960;
Miles Davis - [1961] In Person, Friday Night At The Blackhawk, San Francisco, Volume 1;
Miles Davis - [1961] In Person, Saturday Night At The Blackhawk, San Francisco, Volume 2;
Miles Davis - [1961] Someday My Prince Will Come;
Miles Davis - [1963] Cote Blues;
Miles Davis - [1963] Quiet Nights;
Miles Davis - [1964] Miles In Tokyo;
Miles Davis - [1969] In A Silent Way;
Miles Davis - [1970] Bitches Brew;
Miles Davis - [1971] A Tribute To Jack Johnson (HD 24-96);
Miles Davis - [1971] Live - Evil (HD 24-96);
Miles Davis - [1975] Agharta;
Miles Davis - [1975] Pangaea;
Miles Davis - [1981] We Want Miles;
Miles Davis - [1986] Tutu (HD 24-192);
Miles Davis - [1989] Amandla (HD 24-192);
Miles Davis - [1989] Amandla;
Miles Davis - [1989] Aura;
Miles Davis & Quincy Jones - [1993] Miles & Quincy Live at Montreux;
Miles Davis And Sonny Stitt - [1960] Olympia - Oct 11th, 1960 First Concert;
Miles Davis And Sonny Stitt - [1960] Olympia - Oct 11th, 1960 Second Concert;
Miles Davis, Sonny Stitt - [1990] Stockholm 1960

以前にも、やりましたが、寒いので、手持マイルスを全部聴くことにしました。
今回は、約47時間分あります。
以前よりも後期のものが増えています。

この中で、お好きなアルバムを挙げてください。
ここに載っていないおすすめアルバムを挙げてください。

お騒がせします。

Miles Davis,Kind Of Blue,San Francisco,HD 24-192,HD 24-96

閲覧数:
664
回答数:
6
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lem********さん

2015/12/2316:47:56

Someday my prince will come です。マイルスが本気でバラードを吹くとこうなるみたいな、凄みのある演奏です。

それと、ハンクモブレーじゃ心もとないとコルトレーンを呼び寄せて吹かせてるんだけど、ハンクモブレーのパフォーマンスとの差がすごすぎて、いじめみたいに思えるのは私だけでしょうか(笑)

60年代の中期から後期にかけてズボッと抜けている部分がありますが、もったいないですよ。

Seven Steps to Heaven
My Funny Valentine
Four and More
Miles in Berlin

さらにWayne Shorter加入後のスタジオ録音
EPS
Miles smiles
そのほかすべてです

上記はマイルスのある意味最上の部分かと思います。

中でも私の一押しは、My Funny Valentineです。Wayne Shorterじゃなくて George Coleman ですが、緊張感に包まれたバラードの演奏は何物にも代えがたい至宝です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/12/28 22:08:16

回答者の皆様に深く感謝いたします。今後は、抜け落ちていた中期のアルバムを中心に集めてゆきたいと思います。どうもありがとうございました。全部聞くのに4日かかりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/12/2313:33:15

マイルスとはずいぶんご無沙汰していますが、たまに聴くならクッキンやブラックホークのライブみたいな素直な演奏がいいですね。JAZZに対してピュアで、「マイルスっていいなあ」と心から感じた頃を思い出します。


リストに挙がっていないところでは(挙がってるのかな?)、コルトレーンがメンバーにいた頃の、パリ・オリンピア公演(1960年3月21日)が好きです。延々とソロを取り続けるトレーンに対して「もう止めろ」とばかり客席から沸き起こるブーイング。にもかかわらず必死の形相で吹き続けるトレーン。袖から見守るマイルスの「やれやれ…」といった表情が目に浮かぶようです。


あと他の方も挙げていますが、プラグト・ニッケルのライブ1965(7枚組コンプリート盤)もおすすめです。「Four & More」や「My Funny Valentine」のライブと違ってホールが小さく音が近いのが嬉しい。特に最終セットのオーラス曲、「The Theme」でのショーターとマイルスの掛け合いなんか、「これで終わりだぜ!」みたいな解放感がびんびん伝わってきます。「ハービーもこんなに弾けたんだなあ」ってちょっとしんみりしたりして。


↓コルトレーン入りが肝

マイルスとはずいぶんご無沙汰していますが、たまに聴くならクッキンやブラックホークのライブみたいな素直な演奏がいいで...

2015/12/2310:55:53

挙げられたリストの中で1枚となるとLive-Evilですね。
ただ私がマイルス作品の中で最も好きなのはリストに挙がっていない、通称“ロスト・クインテット”の“1969Miles”です。

lik********さん

2015/12/2309:39:34

一枚となるとKind of Blue です


おすすめは
リストですっぽり抜けている期間ですね

ウェイン ショーターが加わった黄金のクインテット期から
(ビッチェズ ブリュー前の)ロストクインテット期
チック コリア加入 エレクトリックへの道の 第一歩となるアルバムまでです

個人的にはいちばん好きな時期です
バンドのエネルギッシュなところ
緊張感といい 聴いていて 心地よいです
スタジオ盤の完成度の高い音が好きなので

E.S.P. (1965)
Miles Smiles (1966)
Sorcerer (1967)
Nefertiti (1967)
Filles De Kilimanjaro (1968)
Water Babies (1967~68)

ショーターの存在感がいい感じです
Nefertiti
https://m.youtube.com/watch?v=JtQLolwNByw

Water Babies
https://m.youtube.com/watch?v=C7O1NyRzou4

マイルスにとってのピアノが
ハービーではなく
チックに変わる瞬間です

Frelon Brun(Brown Hornet)
https://m.youtube.com/watch?v=IMQIxw0xwgc

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2015/12/2314:29:04

これだけの中から「一作」だけとなりますと(^^;正月休みにはいつも本腰を入れて
聴きたくなる『ビッチェズ・ブリュ-』
ですね(^_^)
http://m.youtube.com/watch?v=CNqyoIC46Zo

エレクトリック時代のマイルスは聴く
度に新しい発見があります。

リストアップ以外では
『プラグド・ニッケルのマイルス・
デイビス』です。

コンプリ-ト・ボックスではなく一枚物
しか持っていませんが好きなアルバム
ですね(^_^)
http://m.youtube.com/watch?v=hN9cB1_VpOI

これだけの中から「一作」だけとなりますと(^^;正月休みにはいつも本腰を入れて...

2015/12/2211:39:25

Q:この中で、お好きなアルバムを挙げてください。

A:サム・リヴァース押しで[1964] Miles In Tokyo;
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413340204

Q:ここに載っていないおすすめアルバムを挙げてください。

A:その流れで待望のウェイン・ショーター加入直後の
Miles in Berlinという選択肢もありうるが、どうせ
「電化マイルス」も期末テストの出題範囲に入って
いるならキーボードにC.コリア、K.ジャレット揃い踏みの
At Fillmore: Live at the Fillmore East;
http://www.amazon.co.jp/dp/B000002AH4

録音はそれに先立つ(発売は少し遅い)日本の企画の
キーボードがC.コリアまだ一人の
Black Beauty: Miles Davis at Fillmore West;
http://www.amazon.co.jp/dp/B000002AH3

更に21世紀になってからの発売になったが更に先立つ
録音、サックスがまだウェイン・ショーターだった
Live at the Fillmore East, March 7, 1970:
It's About That Time;

お騒ぎしましたm(__)m

Q:この中で、お好きなアルバムを挙げてください。

A:サム・リヴァース押しで[1964] Miles In...

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる