ここから本文です

bmw e36 320iのエア抜きの方法を教えて下さい。 エアが噛んでしまっている様で、...

fum********さん

2015/12/2319:42:46

bmw e36 320iのエア抜きの方法を教えて下さい。
エアが噛んでしまっている様で、ヒーターの調子が悪いです。ヒーターバルブは問題無し。アイドリングでヒーター効かず、吹かすと温風が出る状態

です。
ファンもエンジン掛けるとすぐ回り出すのでやはりエアが抜けていないのが怪しいです。
検索しますと色々な方法がありどれをやれば良いのか分かりません。
キーON(エンジンかけない)でアクセル踏み込むやり方など…
一番良いやり方を教えて下さい。
始めから詳しく教えて頂けると嬉しいです。

閲覧数:
1,398
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sur********さん

2015/12/2616:10:24

エンジンはかけない。
冷機時にラジエーターキャップ(厳密に言うと膨張タンクのキャップ)を開ける。
そのキャップの横にある10文字に切ってある、
直径15~20ミリ程度のエアー抜きプラグを外す(コインで回せます)。

キーはONでエンジンはかけない。
エアコンを温度最大にしファンは最弱にする。
ラジエーターキャップからLLCを膨張タンクのKALTの線まで入れる(20℃の時)。
エアー抜きプラグを閉めて、
ラジエーターキャップを閉める。

エンジン始動。

念のため数リットル程度のLLCを持って走行試験を行う。
(万が一水温計が真ん中より上に上昇したらすぐに車を停止してエンジンを止め、
一行目に戻って冷機時にLLCを追加する)
エアコンでヒーターをかけているのに温風が出ない場合は、
速度に気をつけて5~6千回転程度エンジンを回す。
それを何度か繰り返す。
エンジンが千回転とか二千回転程度でヒーターが継続的に利くようになったら、
ヒーターコアにLLCが回ったことになりLLCが不足するので、
水温計を常に見てオーバーヒートに注意する。

走行試験が終わったら冷機まで待つ。
ラジエーターキャップを外す。
膨張タンクに殆どLLCが残っていなければ一行目に戻って作業する。
膨張タンクのKALTのより少し下の線までLLCが来ていれば、
エアー抜きプラグを外さずにLLCをKALTの線まで追加する。

数日間にかけて暖機と冷機を何度か繰り返し、
再度膨張タンクの水位を確認する。

BMWも含めて殆どの欧州車は、
冷却回路は密閉式と言われるものです。
国産車の殆どは半密閉式です。
密閉式のタンクはリザーブタンクではなく膨張タンクです。
半密閉式のタンクは補給水機能を持ったリザーブタンクです。
同じタンクでも機能が全く違いますので、
膨張タンクにLLCを入れる時はLLCがKALTの線を超えないことが重要です。
ちなみにKALTとはドイツ語で冷たいという意味です。
つまり冷機時のことです。
厳密に言う20℃のLLCの線です。

質問した人からのコメント

2015/12/28 02:04:02

ありがとうございます。やってみます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

vvc********さん

2015/12/2423:24:31

サーモスタットは交換してありますか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

icr********さん

2015/12/2409:54:53

サブタンクに規定量クーラントを入れたら、
ラジエーターキャップは閉めて、隣にあるエア抜きプラグを外して、
エアコンオフでヒーターマックス、しばらくアイドリングさせると、
エアがプクプクと出て来ます。
サーモが開くと水が減りますから、キャップを開けて補充して完了です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる