ここから本文です

最近増えてきたスマホと光の組み合わせについててですが、 1、フレッツ光→au光 ...

non********さん

2015/12/2710:53:47

最近増えてきたスマホと光の組み合わせについててですが、
1、フレッツ光→au光

2、au光→ドコモ光

3、フレッツ以外の光(@ティーコム等)→ドコモ光

4、フレッツ光→ソフトバンク光

で変えた

場合、それぞれ電話番号は変わってしまうのでしょうか?
また、変わらない場合と変わる場合があるようでしたら、その条件を教えてください!

あと、基本的にはどれも工事費が必要になるのでしょうか?

よろしくお願いします!

閲覧数:
172
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sta********さん

2015/12/2714:27:17

まず、電話番号のナンバーポータビリティーですが、アナログ固定電話⇒固定IP電話の時のみ可能です。固定IP電話⇒固定IP電話は基本的に番号が変わります。

①変わります。
②変わります。
③変わります。
④変わります。

光コラボから別の光コラボに変わる場合は解約・新規しか手段がありません。フレッツ光からドコモ光に変わった場合はNTT東西日本がドコモに光回線を卸しますが、ドコモ光からソフトバンク光に変わる場合は光回線をドコモからソフトバンクに転用するというスキームがないんです。

唯一電話番号が変わらないのがフレッツ光⇒ドコモ光です。実はドコモ光は固定IP電話のサービスを提供していません。ですが、回線自体はフレッツ回線を使っているので、引き続きNTT東西日本からサービスを受けることができます。もちろん請求も固定IP電話に関してはNTT東西日本からきます。

回線があるという前提で宅内工事が発生しないのはフレッツ光⇒光コラボのみです。光コラボ⇒光コラボは解約・新規になるので、解約の工事と新規工事の両方が発生します。

宅内工事と言いましたが工事屋さんが伺わない「無派遣工事」というものでもNTTの局舎内の設定変更工事は必ず必要ですので、2000円程度の工事費は必ず掛かります。

例外的にキャンペーンで工事費無料とかはあります。

質問した人からのコメント

2015/12/29 01:20:52

ありがとうございます!
こちらの回答を見て納得することが出来たのでBAにさせていただきました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2015/12/2721:21:14

固定電話の同番移行は、
㋐原則として、NTTアナログ電話出身の番号(電話加入権付の番号)のみ、何回でも可能
NTTアナログ電話⇒NTTひかり電話⇒メタルプラス電話⇒eo光電話・・・回数制限はありません
ですが、2回目以降は(一旦アナログ電話に戻さねばならないので)工事に時間が掛かったり工事費が割高だったりする場合もあります。

これ以外の場合、
㋑NTTひかり電話⇒光コラボレート(ドコモ光など)…1回のみ可能
NTTひかり電話⇒ドコモ光 でお仕舞。ここからさらに ⇒ソフトバンク光 とかはできません。転用は1回のみ一方通行です。

最初にアナログ電話をつけてから光に同番移行しておけば、1~4すべての場合に電話番号が同番移行できるが、
最初から光をつけていた人は回線を変えるたびに電話番号が変わる
・・・が、回答みたいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる