ここから本文です

「混合診療が認められると、将来的に政府は今まで国民皆保険の枠内であった治療を...

har********さん

2016/1/213:35:53

「混合診療が認められると、将来的に政府は今まで国民皆保険の枠内であった治療を混合診療の枠に入れて医療費の国庫負担を減らそうとするだろう。」

という記事を読んだのですが、政府の思惑は理解できますが、現在国民皆保険の枠内にある治療を混合診療の枠に入れるということはあまりに無理があるように思えます。
国民の相当な反対があると思うし、政府に国民を納得させる説明ができるとは思えません。
政府はどのように理由付けするのでしょうか?

閲覧数:
125
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/1/315:06:17

>政府はどのように理由付けするのでしょうか?

考えられる手法は単純に今現在やってることも含めて簡易なものは3つあります

1)認可や収載を遅らせる(すでに回答がありますね)
基本的に保険収載をみとめるには
・効能効果
・その治療法の普及度
が挙げられます
たとえば陽子線治療であれば効能効果は学問的に認められているレベルですが普及がなされていない(特定の病院にしかない)ですからこれを保険収載することはまだないわけです。では病院がいくつくらいになったら?これの基準を大幅に厳しくすればいいんです。新規の放射線療法機器にしてもそうです。内服薬にしても既存の薬剤よりも副作用ないしは効能で大幅に効果がないと認めないという態度を取ればいい。値段の割にその効果が得られない場合は収載せず、継続審議にすればいいわけですね。たとえば尿路結石のためのESWLという機械も機械の普及は結構あったにもかかわらず保険収載されるまで時間がかかっています(約4年)それをどんどん伸ばせばいいわけです。

2)再評価
現行行われている治療や医薬品に関してもその効能効果、延命効果を再評価するわけです。この知恵袋にも抗がん剤「毒薬論」を掲げる気違いがいますが、そのキチガイ理論を推し進めればいい。抗がん剤の費用対効果で延命効果が2年以上確実になければいけないとしてしまえば、現行1年程度の延命効果があると言われている一群への投与が軒並み保険収載から外せます。たとえばステージ4には「効果が少なく苦しみが増えるだけだから使うな」と言ってしまえばいいんです。そのうえでそれに使うなら自費でどうぞ、民間保険に入ってねといえば今後のTPPでの保険分野での譲歩材料にできます。これは以前にも実例があります。アバン・カランという薬の名前で検索をしてみるといいでしょう。
http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1005/h0519-1.html

3)条件付き施行許可 報酬面での誘導
今現在胃瘻を造設する場合に嚥下評価をすることを条件にしています。そしてその評価が無ければ一律金額をさげて採算が合わないようにしています。これをたとえば抗がん剤投与をする場合は組織型の確定を必須要件にするなどとして組織採取が無いものには使えないことにしてしまえばどうなるか。採取のための手術が負担となるような患者には一律使わせないことにできますよね?そうした条件付けとその条件から外れる場合は適用させない誘導を行うことで外すことはいくらでも可能なんです。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/000...

そもそも国民の納得(理解)なんて不要なんですよ
愚民なんぞいくらでも騙せます
日本国民はきちんと政策みて政治家選んでねーだろ?
年寄りは年金もらえれば票をいれるし
若いやつはそもそも投票に行かない
文句を言っても適当に「やっぱり経済が大事」だとか言って流される
そんな奴らの納得なんて意味ねーよ
そして一番門番になってくれるであろう医療者(とくに医者)は
国民にとっては敵だろ?
新聞やテレビがいっぱい扇動しているまま乗せられてるだけ

話に何ねーってのw

  • 質問者

    har********さん

    2016/1/315:44:24

    そもそも国民に説明はないんですね(o_o)
    ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

tnm********さん

2016/1/311:28:01

保険の枠内であった治療を混合診療の枠に入れて・・・
そんなことはしませんよ

健康保健適応にする(できるはず?)の治療法や薬の
「認可をしない・遅らせる」だけでしょう
薬のメーカーにしても、検査方法(検査薬)メーカーにしても
認可されないで自費診療のままの方が利益がけた違いに大きいし
勿論それを使う病院(医師)の収入も多くなる

患者だけ(医療費を支払う人)だけが負担が大きく重くなるだけでしょう
健保組合も自費診療は増えれば支払いが減るでしょうし
そうすると今医療費を決めている
中央社会保険医療協議会の中で
医療費の高騰を抑える側・・
今は公益委員(患者代表?)と支払側委員の中で
支払側委員の反対の姿勢が弱くなる?
医療委被高騰しても健保組合は懐が痛まなくなるから

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる