ここから本文です

勤めるオフセットインキ工場の床の表面が剥げモルタルが見えてました。原因はイン...

san********さん

2016/1/219:42:45

勤めるオフセットインキ工場の床の表面が剥げモルタルが見えてました。原因はインキで汚れたときに床を直接洗浄溶剤をウエスにしみ込ませそれで拭きあげていた。 ゆえに徐々に床を曝露させ表面を溶かしていったんだと推測されます。モルタル部分にコンパウンド、助剤などが凹凸にしみこんでべとべとしています。それを証左するようにモルタル部分の機械の冷却水が大量に漏れたときそのモルタル部分から油が浮き上がっていました。
そこで床が剥げないようにインキで汚れた床に水入り霧吹きをふりかけその後に少量の洗浄溶剤にウエスをしみ込ませてそれで拭くと乾燥がはやい、さらにインキが取れやすいを発見しました。早速洗浄溶剤プラス水を業務改善に提出しましたが、工場で業務改善2等で推薦されました。なかなか現場で実施してくれません。ケチをつけるんです。洗浄溶剤は有機溶剤にも指定されていますし、危険物4類第二石油類非水溶性にも指定され一般取扱所になってます。水を副溶剤として使うことで水と洗浄溶剤は水のほうが重いから床を守って、さらに作業者が吸う溶剤の蒸気も抑えられ、捨てるウエスも水を含んでる分自然発火しにくい、使う溶剤も抑えられる。少し作業性は悪いですが、デメリットを凌駕するメリットがあると考えるのですが、皆さんはどう思いますか?床にできるだけ溶剤をしみ込ませないようにするのは危険物の取り扱いを許されている責任だと思うんです。

補足三菱レイオンという会社が工場の床で薬品に曝露しにくいものを作ってるのをホームページでみました。それでも溶剤の影響がないと言える明確な根拠を出していただきたい。薬品や溶剤は床に悪影響を与えるから製造していると思うんですが…

閲覧数:
90
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a_h********さん

2016/1/219:45:53

結果的に、改善提案を出して、それが認められたことが作業員の反感を買っているのでは?

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

par********さん

2016/1/221:15:53

床塗装の剥がれる原因を、まずは解明されるべきですね。
汚れを拭くための溶剤の影響とは考え難いと思います。
むしろ、インキ中の溶剤成分が長時間に塗装を侵したのではないかと、
私は考えますね。
あとは外力の影響も考えられますね。

水と溶剤を同時に使うと、乾き難い、残る、という事態になりそうです。
汚れを落とす薬品にも、水溶性もあれば、反応する対象を特定するものも
あります。
耐油性の塗装もありますし、塗装と汚れ落としの両面で検討されれば、
改善出来る方法はあるはずです。
私の行きつけの工場など、大掃除も兼ねて、年に2回の床塗装をされて
います。費用以上に美化と意識改革が効果のあるものだと思いますね。

改善提案の仕方も、訴えたいものなら、写真や実証試験も添付すること
も不可欠ですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる