ここから本文です

北島達也の筋トレ方法をユーチューブで見ました。 分かったことは、 ・筋肥大...

babubabu1966さん

2016/1/605:01:22

北島達也の筋トレ方法をユーチューブで見ました。

分かったことは、
・筋肥大のための筋トレは、早く動かす(「ゆっくり」というのは間違い)。
・一つの筋肉に付き、トレーニング時間は5分。

・週に二日、3セット行う。これ以上の回数は逆効果。
・3セット目に「神の7秒間」。

しかし、3セット目の「神の7秒間」というのが分かりせん。
48時間~72時間の間に最大筋力を出せるのは7秒間だけとのことですが、
7秒間何をしたらよいか?

アイソメトリック(静的)なのか?
アイソトニック(動的)なのか?

ダンベルを使ったトレーニングでの解説なので、アイソトニック(動的)だと思うのですが、
7秒間の間に、限界までの回数を行え、ということなのか?

DVDを購入すればわかると思うのですが、高くて買えないので。

どなたか「神の7秒間」の「具体的なやり方」を教えてください。
宜しくお願いします。

閲覧数:
10,515
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kusutankさん

2016/1/611:36:08

言ってることは、頷ける部位もあるし、体もそこそこ大きいですけど、なんとなく怪しげなおっさんですよね。

北島さんは速筋の肥大にこだわってらっしゃるようで、それはそれで結構ですが、リフターとビルダーの筋肉を解剖学的に比較してみると、ビルダーの筋肉は意外にも中間筋や遅筋の割合が多く、遅筋すらも肥大しているのだそうです。これは、ネガティヴをかけたり、ドロップセットで追い込むことで、中間筋や遅筋を動員するからだと考えられています。
この事から考えると、セットを増やしたり、フォースドレップや、ネガティヴをゆっくりというのも、やる意味はあるように思います。

神の7秒と言うのは、10回3セットやるとしたら、重要なのは3セット目の最後の1〜2レップだよって意味だと思います。要するに、3セット目の8レップまでは予備疲労みたいなもんで、最後の数レップで力を出し切り完全疲労させろって事だと思います。
特に革新的な話でもない、当たり前の事をカッコつけて言ってるだけのような気がします。

質問した人からのコメント

2016/1/11 14:17:52

ありがとうございます。
たしかに、カッコつけて言ってるだけのような気がします。

「7秒 筋トレ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

jk49_1007さん

2016/1/617:06:13

生体エネルギーとしてホスファゲン(アデノシン3リン酸・クレアチンリン酸)というものがある。

ホスファゲンは筋中(特に速筋)に保有(貯蓄)されている。で、無酸素性運動では、これが大いに関与するので、無酸素性運動代謝といえば、まず、「ホスファゲン機構」と言われる。

でね、最大強度の運動を開始すると、運動開始直後の5~30秒後、クレアチンリン酸は70%も一気に減少する。追い込めば、全てが消費されてしまうということになっている。一方、アデノシン3リン酸は、どんなに追い込んでも60%以下に減少しないということになっている。でも、原料の急速な減少は最大の力発揮を制限するのは確かなこと。

まあ、そんなこんなで、無酸素性運動としてのホスファゲン機構と言うものは、基本的に、たった「6秒間」だよという話になっている。一般的な定義では、最大限の力発揮と言うものは、たった「6秒間」しか、持たないということ。目一杯に踏んばっても、それは、6秒で限界だよという話。100Mスプリントでも、誰しもが減速を強いられてゴールテープを切るというのが「6秒限界」の根拠としてよく引き合いに出されたりする。トップスプリンターのトップスピードは60M~80Mで出現する。

おそらく、K氏は「5~30秒」がホスファゲン急速減少期ということから「7秒間」までは最大の力発揮が可能と考えたということかと思う。ただ、米国での一般認識ではこれは「6秒間」ということ。

だから、多分、1R~6Rが純粋に速筋狙いの「筋力パワー強化プログラム」とされているのかも知れない。

K氏の「神の7秒間」を具体的に体現させたければ、本当は、3、4Rを5Sくらいやることになるのかなという気がする。

本来の理屈通りであれば、「7秒間で完結」するレップスで実施することになるかと思う。休息を長く長くして、セットを重ねることになるのかなという気がする。

w021926sさん

2016/1/614:56:05

懸垂だと分かりやすいよ。
1set2setは練習で、3set目が本番。3set中、この前のトレーニングの時の限界を突破するべく、1repでも多くするために叫び声をあげて行う。その時脳内ではアドレナリンが分泌されている。
または3set目の最後に砲丸投げの選手になったつもりでバーベルやダンベルを上げる。砲丸投げの選手は顔真っ赤にして叫び声あげてるでしょ。

tata0046さん

2016/1/611:15:39

全部鵜呑みにしてはいけませんよ。。。
北島さんはパンプアップの必要性も言っていますし、
一部位は3種目程度に抑えておけ、とも言ってます。
トレーニング時間5分ってのもメインセットの3セットの事言ってます。

youtube動画でちゃんと体作って、メニューも紹介している人も
いますので、、、北島さんの販促動画だけ信用してもよくないですよ。。。

「神の7秒間」は脳のリミッターをはずすって事を言ってます。
脳からホルモンを出して興奮状態に置くって事ですね。
高重量を数レップ、数セットこなして、最後の1レップの時に
限界なところを腹圧高めて根性で上げる。
そーすれば脳の中で今以上の筋力がないと危険だよ。となって筋肥大して
いくってことじゃないでしょうか。

ダンベルだけじゃなく全ての種目についてだと思いますよ。

まぁトップボディビルダーでも色んな見解がありますし、、
色々な方の情報を集めて、自分に合ったトレーニングをするのが良いですよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2016/1/610:51:25

・筋肥大のための筋トレは、早く動かす(「ゆっくり」というのは間違い)。

これについては、動画で北島さんのベンチプレスなどを見ましたが、とくに早いという印象はありませんでした。

正しいフォームで、ていねいに、効かせる方法でやっていたと思います。

実際のところ、ヘビーウェイトを早く動かすことは無理ですし、無理に早くやると靭帯や腱に不自然な負荷がかかります。

北島さんがいう「早く」というのは「ゆっくりしなければならない」という説にたいする反論として述べたのではないかと考えています。

「神の7秒間」というのは7秒の間に筋肥大のための刺激を集中的に筋に与える意味かとも思いましたが、よくわかりませんでした。

北島さんの説は共感できるものも多いのですが、一部に理解困難なものもあるという印象です。

kumadakumaaさん

2016/1/607:47:13

筋トレに限らずいわゆる王道を否定して、自論を述べるものは眉唾ものだと疑った方が良い。
特に同時に商売が絡んでいる場合はね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。