ここから本文です

気象予報士って地震の勉強もするんですか?地震も気象の範疇ですか?

jya********さん

2016/1/1419:49:22

気象予報士って地震の勉強もするんですか?地震も気象の範疇ですか?

閲覧数:
244
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eda********さん

2016/1/1518:00:26

気象予報士を目指している者です。

> 地震も気象の範疇ですか?

気象業務法における用語の定義では、地震は「気象」ではなく「地象」と言います。「地象」には地震動のほか火山現象等も含まれます。
また、「気象業務」には「気象」のほか「地象」も含まれ、気象庁以外のものが「地象」の予報業務を行うことも可能です。
ですから、気象だけでなく地象(地震動等)の予報業務を行う場合は、気象予報士も地震に関する知識が必要となります。
但し、地震動、火山現象又は津波の予報の業務のみの許可を受けた場合は、気象予報士を設置する義務はなく、予報業務を気象予報士に行わせる必要もありません。
なので、実際には(気象庁以外では)気象予報士が地震の予報をする事は殆ど無いと思います。

> 気象予報士って地震の勉強もするんですか?

気象予報士試験で、地震について問われることは殆どないので(せいぜい法規で用語の定義を問われる程度)、気象予報士になるために地震を勉強する必要は無いです。


--- 気象業務法(抜粋) ------

(定義)
第二条 この法律において「気象」とは、大気(電離層を除く。)の諸現象をいう。
2 この法律において「地象」とは、地震及び火山現象並びに気象に密接に関連する地面及び地中の諸現象をいう。
3 この法律において「水象」とは、気象又は地震に密接に関連する陸水及び海洋の諸現象をいう。
4 この法律において「気象業務」とは、次に掲げる業務をいう。
一 気象、地象、地動及び水象の観測並びにその成果の収集及び発表
二 気象、地象(地震にあつては、発生した断層運動による地震動(以下単に「地震動」という。)に限る。)及び水象の予報及び警報
三 気象、地象及び水象に関する情報の収集及び発表
(以下略)

(予報業務の許可)
第十七条 気象庁以外の者が気象、地象、津波、高潮、波浪又は洪水の予報の業務(以下「予報業務」という。)を行おうとする場合は、気象庁長官の許可を受けなければならない。
2 前項の許可は、予報業務の目的及び範囲を定めて行う。

(気象予報士の設置)
第十九条の二 第十七条の規定により許可を受けた者(地震動、火山現象又は津波の予報の業務のみの許可を受けた者を除く。次条において同じ。)は、当該予報業務を行う事業所ごとに、国土交通省令で定めるところにより、気象予報士(第二十四条の二十の登録を受けている者をいう。以下同じ。)を置かなければならない。

(気象予報士に行わせなければならない業務)
第十九条の三 第十七条の規定により許可を受けた者は、当該予報業務のうち現象の予想については、気象予報士に行わせなければならない。

質問した人からのコメント

2016/1/21 10:29:11

とても詳細にありがとうございました、予報士がんばってください!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる