ここから本文です

冬至と大寒はなぜずれるのでしょうか?

kmmnodenさん

2016/1/1421:02:54

冬至と大寒はなぜずれるのでしょうか?

一年のうち日照時間が一番短い日が冬至であり、一年のうち最も寒い日が大寒付近であると言われていますが、これについて疑問があります。
地球が暖められるのは日光からの熱エネルギーが必要だと思うのですが、それならば
「冬至」=「大寒」
となるのではないかと思うのです。

簡単に調べたところ「地球は温まりにくく冷めにくい物体なので、日照時間の長短と気温の最高最低には時間的なずれが生じる」という答えが見つかりました。
しかし、一日のうちでも昼になれば温度が上がるし夜になれば温度が下がるほどの気温の変化があるため、地球がそこまで熱容量の大きな物体とも思えないのです。

「空気よりも地面や海の方が熱容量が大きいから、昼夜の気温差があったとしても、年間通した時の気温の変動は地面や海の温度変化に依存するのでは」という可能性も考えました。
確かに空気の熱容量は地球自体の熱容量に比べると小さそうなので、見かけ上の気温は激しく変動していても地球全体の熱量の変化は緩やかだ、と考えられるのかもしれませんが
やはり、夜はちゃんと地面の温度も下がっているし、海の温度も下がっている(ような気がする)ので
冬至と大寒に1ヶ月もの差が生じることが腑に落ちません。

また、なぜこのずれは約1ヶ月なのでしょう。

どなたか詳しい方がいらっしゃいましたらご教授ください。

閲覧数:
709
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/1/1512:20:31

東京での夏至の昼間の時間と夜の時間は、
昼:14:30
夜:9:30
つまり昼>夜の状況です。
冬至ではほとんど反対になり、昼<夜となります。

冬至に向けてどんどん気温が下がるのは、
昼に暖まる時間より、夜に冷え込む時間の方が長くなるからです。
要するに、昼と夜のバランスが-(マイナス)になっているからです。
冬至を過ぎてもバランスが-であることにかわりありませんから、
まだまだ冷え込んでいきます。
もちろん昼間は毎日気温が上がりますが、
夜になり気温が下がっていく時間の方が長いのです。

ずっと昼=夜なら、年間を通じた温度変化はありません。
昼=夜と比べて、昼>夜になれば、
温度が上昇しますし、
昼<夜なら温度が下がります。

冬至は確かに昼<夜の差が一番大きいわけですが、
その後も1分程度しか変わらない状況が数日続きます。
数分しか変わらない日がさらに数週間続きます。
よって、まだまだ冷え込むのです。
もし冬至の後、昼<夜の割合が全く同じ日が続いたとしても、
温度は下がっていくのです。
さすがに1ヶ月経つと冷え込みがピークとなり、
昼<夜の割合が昼間が増える状況に変化するため、
-の度合いが少しずつ弱くなり、最後には+に転じるのです。

  • 質問者

    kmmnodenさん

    2016/1/1518:20:42

    なるほど、確かに空気が昼に温められ、夜に冷やされ
    また、その単位時間当たり同じ割合であると仮定すると
    夜が長い期間は常に気温は下がり続けることになりますね。

    その場合
    「気温が上昇に転じる日」
    =「昼夜の長さが同じになる日(春分付近)」
    となるはずですが、実際は春分と大寒はかなりのずれがあります。

    ひょっとするとこの原因は他の回答者の方が言われているような、海水などの熱容量、海流の影響といった他の要素が絡んでくるのかもしれませんが
    「日照時間と気温の低下の関係」について非常にクリアな回答を頂けたので、ベストアンサーにさせていただきます。
    ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

galileo9600さん

2016/1/1517:26:29

暖流も流れているウチに熱エネルギーはロスされる。
これは夏でも冬でも距離に比例するとは思う。
ただ暖める時間の違いが暖める場所の違いが加わるからだと思う。

夏至は北緯23度の真上を大陽は通過する。
冬至は南緯23度を通過する。

北太平洋の海流は赤道当たり緯度0~10度の海流が北上する形で回ってくると思う。
夏は北上した先でも暖められる。

冬は赤道当たり海流の暖まりは少ないと云える。北上しても暖められない。だからロスは大きい。

海流にも速度がある。波はベルトコンベアーではない。上がったり下がったりして意外に進むモノではない。
一番暖められていない海水が到達するのが一月後ということではないだろうか。

一番水蒸気を出しづらい海水が大寒に向かってピークになる。
乾燥が促進され、冷え込みがきつくなる。

と僕は思う。

2016/1/1515:57:26

海(海水)の熱容量に着目したのは良いことですが、今一歩足りません。
海の海流を無視しています。イギリスのロンドンが、北海道よりも、高緯度なのに、東京並みの気候なのは、なぜでしょうか。

yuri2718さん

2016/1/1511:08:56

もっと単純に考えたらいいんじゃないですか?

冬至は「入ってくる熱が一番少ないとき」でしょう。
つまり、「気温の下がり方」が一番大きいのです。

冬至を過ぎれば日も長くなり、太陽高度も上がりますから、当然「入ってくる熱」は増えます。つまり「気温の下がりかた」は少なくなります。

そして、その「気温の下がり方」が「ゼロ」になるのが大寒から立春になるわけで、「気温の下がり方がゼロ」ということは「そのころの気温が最低」ということ、つまり「一番寒い」ということでしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

chijiu0055さん

2016/1/1510:55:49

”” また、なぜこのずれは約1ヶ月なのでしょう。 ”” → → →

地球の海洋面海洋水での、熱の伝わり方に依存するんだろうと考えるのです。海洋表面の熱(冷たさ)が、もう少し深い側(数十~百?m)ほどへ伝わる速度が少し掛かってる。その時間量だけ、暖まり・冷える時間が遅くなって来るのだろうと。

海洋表面の海水と、もう少し深い側の海水との混ざる時間、或いは、海水を伝導熱が伝わる時間(差)、でもって遅れて来る事に成ってるのだろうと、見てるのです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2016/1/1503:30:51

1日の気温にしても、正午が最も日射が多いですが、最高気温を観測するのは午後2時頃で、ズレがあります。
冬至の頃に日射エネルギー量が減っていも、冷め切るまでに時間がかかるために、1~2月頃に最低気温を観測することが多いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。