ここから本文です

新潮文庫の背表紙の装丁について、下部の値段の所が、黒塗りになっていたりいなか...

nuu********さん

2016/1/1716:00:13

新潮文庫の背表紙の装丁について、下部の値段の所が、黒塗りになっていたりいなかったり、アンダーバーがあったりなかったり、¥マークがあったりなかったりするのは何故でしょうか?

閲覧数:
102
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

m4r********さん

2016/1/1722:21:27

消費税率変更の際とか、それ関連で本体価格からの税込定価の丸め方の違いを認識しやすくするときだとか、カバーを変更するときなどにいろいろなマークが付けられたような感じがあります。


新潮文庫だけでなく角川文庫や他の出版社の文庫でも、消費税施行以降(税率アップ時も)背表紙に手を加えています。

年度末の際に棚卸しで文庫棚を眺めて見ると、
「このマークだと以前の税率のときの在庫だ」とか
目印になったことがありました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる