ここから本文です

had+過去分詞は完了形とは違うんですか?

hir********さん

2016/1/1720:07:56

had+過去分詞は完了形とは違うんですか?

閲覧数:
247
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mor********さん

2016/1/2411:01:30

《 had+過去分詞は完了形とは違うんですか?》
⇒<完了形>の他に、もう一つの用法が在ります。
【had +過去分詞】
という形は同じですが、
二つの用法が在りますので、注意が必要です。

1.【大過去形】
→或る過去よりもっと以前(←大過去)であることを、
記号的に表します。
→【大過去にどうであったか】という【点】の表現です。

Tom [ said :過去形] that he 【had gone:大過去形】to Paris.
トムは、パリへ行ったと言いました。
・「行った」のは、
・「言った」という過去よりも、もっと以前であったことを、
【大過去形】で表現しています。

2.【過去完了形】
現在完了形は、
過去の或るときから現在までの【長い線】の表現で、
この表現を、便宜的に・経験・継続・完了・結果で言い表しています。
・過去の経験を今でも憶えている。
→~したことがある。
←経験
・過去に始めたことを今も続けている。
→ずっと~している。
←継続
・過去にし始めたことが、今終わった。
→~し終えた。
←完了
・過去の行為・状態の結果が、現在に影響している。
→~したままだ。
←結果
Tom [has gone] to Paris.
←トムはパリへ[行ったままだ]。
←過去に行ったことが現在にまで関わっていて、
まだ帰ってきていません。
(これに対して過去形は、
→過去の或る時点でどうだったかという【点】だけを表し、
その後どうなのかは分かりません。
例えば、
Tom [went] to Paris.
←トムはパリへ行った。
は、過去の或る時点で行ったことは表現していますが、
その後帰ってきたのか、
そのままパリに居るのかは、
分かりません。)
この現在完了形が過去の方向に平行移動したのが【過去完了形】で、
大過去から過去までの【長い線】を表現します。
→大過去から過去までの、・経験・継続・完了・結果

When she was thirty years old ,
she [ had been ] married for ten years.
←彼女は30歳の時、結婚して10年たっていました。
→大過去(20歳の時)から過去(30歳の時)までの【長い線(10年間)】、
ずっと結婚していたことを表現しています。

下が参考になると思いますので、ご覧ください。
http://www.ravco.jp/cat/view.php?cat_id=5244&PHPSESSID=
↓4.の各項目
http://e-grammar.info/g_tense.html

なお、大過去形は文語的で重い表現ですから、
前後関係の判断に混乱が起こらないと判断される場合には、
しばしば過去形で代用されます。
http://www.ravco.jp/cat/view.php?cat_id=5246&PHPSESSID=at00e1geqjml...

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sum********さん

2016/1/2407:31:24

過去完了形は実際にはめったに見かけません。

時勢の一致でたまたまそうなったか、仮定法(過去)でつかう「もし・・・だったなら、・・・であったあろう」位です。

大過去にしなくても、過去形で十分なことも多いし、"had had" なんて書くとミスタイプに間違えられます。

豊 哲男さん

2016/1/1720:36:26

had+過去分詞は、一般的に「過去完了形」として用いられます。
過去よりも前の時制として用いられます。いわゆる「大過去」です。

※こんな回答でいかがでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる