ここから本文です

現在デザインを学んでいるのですが、よく色んなものに触れた方がいいという話をさ...

yuz********さん

2016/1/2722:31:52

現在デザインを学んでいるのですが、よく色んなものに触れた方がいいという話をされます。

映画や演劇を見ること、写真を撮ることなど色々あると思いますが、どういったことを考えながら触れればいいのでしょうか。ただ漠然と映画を見るだけでも構わないのですか?

閲覧数:
60
回答数:
5
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tri********さん

2016/1/2809:37:57

まず、大切なのは自分の中に常にデザインに関しての思考がある、ということです。1年365日、デザインに関してのクエスチョンを持ち続け、考え続けていることが大前提です。

映画や演劇は普通に楽しめば良いのです。それがある瞬間にデザインのクエスチョンと結びつくことがあります。全く異なるジャンルのものが自己のクエスチョンを通して結びつくということです。

それが高度なレベルで発現すれば、異なる位相のものを結びつけて思いもつかない新しい位相を生み出すイノベーションという行為です。

イノベーションという程のものでなくても、異なるジャンルのものが触媒やヒントとなってデザイン思考を活性化してくれるという効果も期待で出来ます。

>どういったことを考えながら触れればいいのでしょうか。

普段からデザインについてのクエスチョンを持っていれば、わざわざ何かを考えながら映画や演劇といった異ジャンルのものに触れなくても、自ずと気がついてしまうことです。まず、クエスチョンありきです、クエスチョンがない人は何を見ても、そこに示された意味を読み取れませんから。

そして大切なのは気がついたら、死ぬ程それについて考え抜くということです。

ーーー

まとめると、ポイントは下記の3点です。

1.普段からデザインについてクエスチョンを持ち続けていること
2.異なるジャンルのものは普通に楽しんでよいということ
3.何か気がついたらそれについて考え抜くこと

  • tri********さん

    2016/1/2809:47:15

    あと、具体的な思考の技術ですが、何かヒントになることに気がついたら、すかさずそれをメモっておくと良いです。後日それを見返したときに大きなアイデアに繋がることがありますから。





返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/1/30 22:59:38

常にクエスチョンを持っていること、とても大事だと思いました。納得です。
他の方々の回答も大変参考になりました。ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ko_********さん

2016/1/2821:21:10

恒太朗(こうたろう)です。

① どんなものを見ても「自分だったら、どうするか?」と考える事が大事です。 世の中、100点満点のものなど無いのだから、巨匠・名人と言われている人の作品でも何らかの不出来な部分・・・ もしかしたら全くの駄作と言う事もあるかも知れないと思って、あれこれ考えて見る事です。

② 2番目は、普段の何気ない毎日の生活の中でも全て快適だと思える事ばかりではないでしょうから、「不便だ!」と感じた瞬間は、新しいデザインの萌芽だしビジネス・チャンスです。 ソーシャルデザインと言う言葉が最近言われるように成りましたが、傘ひとつ見ても不便があります。 取っ手は手で持つには良いのですが、使わない時に柵などに掛けて置くと内側に雨水や埃が入ったりの不都合があります。 この問題を解決する為に考えるのもデザインの良い訓練に成ります。

③ 3番目は、本質を見る目を養う事です。 完成品、現状の形に捕らわれないで全く違った方向からのアプローチの存在に気付く事です。





余談ですが・・・プロフィールの、ブログの中でもいろいろ紹介しているので、是非! 面白く、分かり易くて、ためになるをモットーにしています。(^ー^)

gla********さん

2016/1/2819:42:24

アイデアノートを作る事をお勧めします。
勉強、大変かと思いますが頑張って下さい!

but********さん

2016/1/2810:11:07

物づくりに、映画や演劇・写真を観る場合は、まず、衣装や場面の色合い、構図です。また、役者の立ち振る舞いは、形の美しさ・ラインです。
また、デパートやウィンドウショップを観て歩くと良いです。最新の流行が分かります。反対に博物館や骨董市などを見に行くのは、過去の優れた作品を目に出来ます。
その両方を観ることで、自分のオリジナルを創り出す事が出来るでしょう。

hus********さん

2016/1/2722:58:33

漠然と他の芸術に触れて それが自然に栄養になって行けば 楽だし、理想的ですよね。
でも 実際には 何か発見しようと思ったほうが、より効果的でしょう。例えば、この映画の前半は 背景に注意して見てみようとか…。明るい音楽が流れているけれど 色合いに例えたら 何色だろうとか。
まずは そんな感じで 気楽に取り組んではいかがでしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる