ここから本文です

彼が二次元の美少女大好きで困ってます… 私には好きな男性がいました。

mix********さん

2016/2/711:14:06

彼が二次元の美少女大好きで困ってます…

私には好きな男性がいました。

向こうも私が好きとまではいかなかったけれど気にはなっていたらしく、
私の気持ちを察した彼の方から告白を受けて付き合いを始めました。

ですが彼はラブライブやゆるゆりなどといった二次元美少女が大好きだったらしく、、、
普通の会話よりそういった会話に凄く熱心になるあたり、
二次元に嫉妬というか…もやもやしちゃいます…

挙句の果てには、三次元が二次元には勝てないと言われちゃう始末…
私自体、空想で作られた二次元に勝てるほどの美顔を持っているわけはありません。

会っている時もやっぱり本命は二次元美少女で私は性処理だけが目的?とか無意識に考えちゃいます…
彼の心理、どうなんですか?

閲覧数:
112
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2016/2/712:41:34

こんにちは
まず、理想と現実を混ぜ込んで考えずに理想とはどういったものなのか、現実とはどういったものなのか考えていきましょう。

まず、理想を「作り上げられた完璧なもの」と捉えてみましょう。そう考えてみると理想とは必ずしも二次元の美女だけとは限りません。アイドルなども理想に属すると考えられます。

「完璧なもの」と言われると理想には敵わないと思われがちですが、ここで重要なのは「作り上げられた」という部分です。作り上げられたということは理想は本質を表していないのです。分かりやすく例え話をしてみましょう。

とあるアイドルグループに所属しているAさんはテレビではクールでカッコイイ、まさに理想の男性です。しかし、私生活ではあまり人付き合いもせず、オシャレもあまりしない人でした。

ここでのポイントは理想=クールでカッコイイ
本質=人付き合いが苦手、オシャレ好きじゃない
という風に理想と本質がかけ離れているということです。そしてファンの方のほとんどはこの本質を知ることはできないのです。
なぜなら、本質とは日頃からその人と接することで認識していくものなのでTVで見てるだけでは理解できないからです。

二次元の美女に関してはもはや本質が存在しません。なぜなら、現実に存在していないからです。
このように理解とは表面的で本質とはかけ離れたものと思ってください。

一方、現実とは本質を兼ね備えたものです。だからこそ、完璧ではありません。良いところも悪いところもあります。

ここで質問に戻ります。質問者様は理想に勝てないと嘆いておりますが、理想と比べる必要はありません。理想なんて本質のない空っぽな存在です。むしろ現実の中で質問者様はNo.1であるのです。このことはすごいことですよ。
理想の中でNo.1を取るのは難しくありません。もっと良いものを作ればいいだけなのですから。だからこそ、理想のNo.1というのはころころと変わります。しかし、現実でのNo.1はそんなに簡単ではありません。本質の部分で勝負していかなければなりませんし、現実に対して人々は簡単に考えられないからです。そんな中で質問者様はNo.1を取っているのです。もっと自信を持ってください。


繰り返しになりますが、理想とは本質のない空っぽな存在です。そんなものと比べて気に病まないでください。あなたは彼にとって唯一無二のかけがえのない素晴らしい存在なのですから。

ではでは(^-^)/

質問した人からのコメント

2016/2/7 14:11:56

なるほど…理想と比べる必要はない…言われてみれば確かにそうですね!
すっきりしました。丁寧に書いてくださってありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

asy********さん

2016/2/712:08:48

確かに3次元が2次元に勝ることはないですが、2次元と違って実際に会い、会話をし、触れることができます。そこが3次元の利点なのではないでしょうか。
ちなみに2次元と3次元は皆別々に考えていると思うので、2次元の本命と3次元の本命の両方があるのではないでしょうか。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる