ここから本文です

中国人が人肉(赤ちゃん) を食べている写真を見て仰天しましたがアレは本当の事な...

hikohiko2619さん

2008/3/2720:41:14

中国人が人肉(赤ちゃん) を食べている写真を見て仰天しましたがアレは本当の事なんでしょうか?

閲覧数:
78,160
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2008/3/2720:45:38

仰天しました!!見ちゃったよ・・・;

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「中国 食人」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2008/3/2808:59:17

上の回答のように一般化してはダメです。

中国では古来から人間の肉が食べられ、肉屋でも人間の肉が売られていたのです。

「有名な『三国志』の中で、曹操に敗れ、味方にはぐれた玄徳をかくまった若い主人が、新妻を殺して『狼の肉です、召し上がって下さい』と言って歓待し、玄徳は知らずにこれを食べたが、翌朝別れを告げ発つとき妻がいないことに気づき台所へ行くと妻の死体が横たわっていた。『ああ、これほどまでに我を大切にしてくれたか、ありがたい。』という話がある。このくだりは、三国志の中で最高の美談として中国人が愛読し、語り継いでいる。
しかも、昔の中国の城は都市そのものだったから、強敵が攻めてきたときは、軍隊も市民もすべて籠城する。そして、戦争が長引き食糧が無くなると軍隊が市民を食べ始める。
あの、孔子でさえ、人肉の醢(シシビシオ、ただの塩ずけでなく、干して麹を混ぜ上 等の酒に漬けて密封して100日で出来上がり)が好物だったことはあまりにも有名。


北海道大学教授中野美代子

『カニバリズム論』(改題・増補)

潮出版社
1975/01/25

福武文庫
1987/07/15


また、

食人宴席―抹殺された中国現代史
中国では食人の風習 生口の意味については元来、捕虜又は奴隷とされていますが、これには種々な説があり、 捕虜を起源とする奴隷的身分である者。 捕虜とは無関係な奴隷とする説。 中国へ献上されていることから、単なる捕虜や奴隷ではなく、何らかの ...

sound.jp/yuuki9999/china/syokujin/syokujin.htm ·






支那のカニバリズム

つい最近、ネットで中国においては胎児が食べられているという記事をみて驚いた。胎児を切り刻み、料理している画像付きのものでとても気持ち悪いものであった。
以前、本で清代に親の結核を治すために、その息子が自分の股の肉を切り取って食べさせていたというのを読んで、カルチャーショックを受けたこともあった。作家の黄文雄や小室直樹もカニバリズム(人食い)が中国の文化の特徴だと述べていた。孔子は弟子の子路が斬り殺されて切り刻まれ「なます」にされたとき、塩漬肉を食べるのを断ったという。また、ある村に役人が巡察にやってきたとき、貧しい家の娘がもてなすのに自分を食べさせたという。これは夜伽ではなく、油をたぎらせた大鍋に裸身で飛び込んで自らを空揚げにしたのである。こういう記録がいっぱい残っているのだ。
正史にさえ、飢饉の時は共食いが行われたことが百回以上も記録されている。北京原人の化石にさえ、骨が焼かれた痕跡があるので共食いが推測されている。

(左:『食人宴席』(カッパブックス) 右:『カニバリズム論』(福武文庫))
中国の亡命作家鄭義の『食人宴席』(カッパブックス)に数十年前の文化大革命時の広西での9万人の虐殺と食人犠牲者を調査した結果をまとめている。とても酷たらしい内容である。何の罪もない人が批判糾弾され、殴殺され、肉を削がれ、肝が切り取られ、人肉料理の宴会が始まるのである。中国人は、殺しても憎しみが消えず、さらにバラバラにして食ってしまうのである。これはA級戦犯靖国合祀問題に関する中国のしつこさが分かるような気がする。日本では死んだら神様になるが、中国では憎い死者を食わなければ気が済まないのだ。
中野美代子の『カニバリズム論』(福武文庫)に魯迅の「狂人日記」や「薬」の作品がカリバニズムとして紹介されている。さらに「戦国策」には主君が人肉が食ったことがないので、料理人が我が子を蒸して献じた話もある。元代の優れた学者のエッセイに、人肉の味は「小児を以て上となし、婦女これに次ぎ、男子またこれに次ぐ」と言って人肉料理法をしるしている。宋代の「鶏肋編」によれば、「子どもの肉は骨ごとよく煮える、女の肉は羊よりもうまい、男の肉はたいまつよりまし」となっている。人肉一般は「両脚羊」と呼ばれ市場で売られていたのだ。現代のシナ人は、子どもの肉より胎児の肉がうまいことを発見したのかもしれない。

ytadanukiさん

2008/3/2722:44:45

まあ、中国には昔から人食いの伝統文化はあります。
とはいえ、中国人10万人にひとりでも、それを食べたことのある人がいるかといえば、そんなことはないでしょう。
日本人だって女の子を誘拐して食った奴はいたはず。
人口が10倍の国ならそれも10倍いて不思議はないですが、・・・・中国の場合10倍ではなく百倍でしょうね。

vn_katuoさん

2008/3/2720:51:13

本当です、写真入の調理方法を見た事があります。

2008/3/2720:51:06

本当です。

人肉食は伝統的なものです。

飢えでしかたなく食べたのではなく、食材としてみてますね。
普通に食べてたようです。

現代でも僻地ではそういった風習は今も有るそうですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。