ここから本文です

一種類の免疫グロブリンは一種類の抗原のみに結合することができると抗原抗体反応...

wou********さん

2016/2/2314:26:23

一種類の免疫グロブリンは一種類の抗原のみに結合することができると抗原抗体反応は一対一とは限らないって矛盾してません?ワクチンに関係があるんですか?

閲覧数:
124
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

niw********さん

2016/2/2317:31:52

一種類の抗原に一種類の抗体しか反応しません。ただし抗体はとても小さいので、一種類の抗原の一粒にたくさんの抗体がくっつきます。

一種類の抗原に一種類の抗体しか反応しません。ただし抗体はとても小さいので、一種類の抗原の一粒にたくさんの抗体がくっ...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cal********さん

2016/2/2322:16:11

抗体は抗原中の1つの構造だけを見つけて結合します。この抗原の場所をエピトープと言います。抗原の表面には複数のエピトープが存在するのでたとえ抗体の1つの構造に対して一対一で結合しても矛盾しません。



niwatoriblogさん、抗原がとても抗体が小さいから複数つけるということが抗体1:1結合ではない理由ではないですよ。
1つのエピトープに対して全く同じIgばかりあるという状況(モノクローナル状態)は非効率、不確実なのです。

同じ抗原で他のエピトープを認識できたらもっと別のところに抗原は結合ができるので排除の効率が上がり、さらにたとえ抗原側がエピトープの構造を変えてきてもほかのエピトープに結合する抗体で抗原を排除することができます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる