ここから本文です

付け下げ訪問着に羽織はNGと聞きました。

アバター

ID非公開さん

2016/3/123:34:19

付け下げ訪問着に羽織はNGと聞きました。

着物屋さんで付け下げ訪問着、帯、長襦袢を仕立てたのですが、『帯付きはマナー違反。外を歩く時はどんな時でも羽織が必要。例外は真夏か浴衣くらい。』
と言われ、羽織も仕立ててもらい購入しました。

ところがネットで調べてみると、改まった場に羽織はNGと書いてある所がほとんどです。また羽織ではなくショールを付けて行けば良い、と‥。
無知なまま購入し、よく分からず恥ずかしいのですが、羽織はダメでショールはOKなのが良くわかりません。
着ていく目的は親族ではない結婚式の招待、子どもの七五三、入学式卒業式です。
あくまで中に入る時羽織を脱ぐ、という認識でしたが、付け下げに羽織を羽織ること自体NGのようで、かと言って帯付きもあまり良くないとのことで、新たに長羽織か道行を購入する必要があるのでしょうか?


カジュアルな場に着ていく小紋に羽織は大丈夫とのことですが、付け下げ、訪問着には羽織はいけないのでしょうか?

閲覧数:
6,372
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ymj********さん

2016/3/200:02:37

まず、「礼装の場」と「移動中」の話が混ざっています。
着物屋さんが言ったのは、「『外を歩く時は』どんな時でも羽織が必要。」です。
これには賛否両論ありますが、少なくとも移動中というのは礼装の場ではないので、「この着物には羽織を着てはいけない」なんてルールがあるような場面ではありません。
付下げに羽織がNGというのは、女性のフォーマルは帯付きなので付下げを着るような「礼装の場で」羽織を着てはいけないという意味です。
付下げ以上の礼装での羽織ものは道行を着るのが基本的なルールですが、先にも述べたように移動中はルールに縛られないものなので、着物を持つ人が少なくなった現代では付下げや訪問着に羽織だったからといってそこまで目くじらを立てられることはありません。

結婚式は普通屋内ですし、ガーデンウェディングでもお庭が「礼装の場」になりますから、移動中は防寒や塵除けとして付下げや訪問着の上に羽織を着ていても、会場では脱ぐ必要があります。
七五三の場合も同様で、神社で祈祷を受ける際などは脱ぐべきです。
入卒式の場合、無紋の色無地やフォーマル向きの小紋を紋付や絵羽の羽織で略礼装に格上げすることはありますが、付下げや訪問着は単体で礼装になるので基本的には必要ありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yos********さん

2016/3/201:01:17

呉服屋さんの話も、ネットで見たという話も、私の認識とずれている部分、合う部分双方あります。
私の認識は絶対ではありませんし、違う考え方をする人ももちろんいます。

まず、呉服屋さんの「帯付きはマナー違反」という言葉ですが、特にそういうことはないと思います。
礼装の着物で移動中など外を歩くときには、帯付きでは汚れる危険性があるので、周りの方に気を遣わせないためにも上着を着ておくというのはあると思いますが、そうでなければならないとは言えないと思います。
行きはともかく、礼装での用事を終えての帰りなどで、多少は汚れてもいいと思っているなら、暑いときは上衣を脱ぐという選択をしても構わないと思います。
礼装以外のカジュアルなものであれば、着物であっても上着を着るか着ないかは個人の好みでよいと思います。
ただ、上着を着ていない場合は、公共交通機関など不特定多数の人と一緒になるところでは、着物や帯が汚れる可能性はあり、それを踏まえた上で上衣については選べばよいと思います。

次に、改まった場に羽織はNGというのはその通り、ただし、往復の道中ではなく、礼装で立ち会う目的の会に出席するときのことです。
例えば、結婚式・披露宴や入卒式の会場では、羽織は脱いで礼装の帯付け姿が礼装となります。
往復の防寒・塵除けとしては、羽織を着てもよいですが、どちらかというと道行や道中着を着る方が一般的です。
女性の上衣としては、羽織は元々男性のものだったのを女性も着るようになったということで、コートよりもやや格下の感があります。そのため結婚式などに出席するときの留袖や訪問着の上には道行(や道中着)の方が妥当という感覚はありますが、羽織ではダメというわけではありません。
コートでも羽織でも、礼装の着物を着ていれば扱いは同じ、防寒や塵除けのためのものですから、会場に入るときには脱ぎます。ショールでも同じです。
例外としては、紋付きの羽織や、黒絵羽の羽織、これらは紋無しの色無地や小紋の上に羽織ることで、略礼装に格上げできます。この場合は羽織がないと略礼装になりませんから会場では着ていないといけません。

長羽織か道行の購入の必要ですが、長羽織は羽織ですから、新たに購入しても自体は同じです。
購入されるとしたら道行ですが、今お持ちの羽織の色柄などによって必要かどうかは変わると思います。
道行の方がふさわしい感じがするとは言っても、羽織でも構わないですし、袷なら道行より長い季節着られますので。

あと、礼装としてではなく、カジュアルのお出掛け着として着るときでしたら、付下げでも訪問着でも羽織で構いませんし、この場合はカジュアルですから室内でも羽織なら着たままでも構いません。
実際、寒い時期など羽織の上にコートを重ねて着ていき、屋内でもコートだけ脱ぐというようなことをしています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

xon********さん

2016/3/200:00:06

そんな都市伝説みたいなガセネタいったい何処に?
普通~に皆様着ていますよ。コートが暑くなって来たり、せっかく脱がなくて良い室内で、寒い時どうしろと?不思議な話ですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる