ここから本文です

埼玉県春日部市にある首都圏外郭放水路は浸水被害を減らすためと荒川の氾濫を防ぐ...

アバター

ID非公開さん

2016/3/417:01:30

埼玉県春日部市にある首都圏外郭放水路は浸水被害を減らすためと荒川の氾濫を防ぐ為とのことですが、最終的には江戸川へ流す仕組みになっていますけど荒川より江戸川の方が広いのですか?

あと、浸水被害軽減できてませんよ。春日部駅付近はとんでもないくらい浸水被害出てます。どういうことでしょうか?

閲覧数:
494
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

len********さん

2016/3/814:22:48

基本的に関東平野の治水は、東京主部を浸水させないというのが目的です。
そのためには、まず隅田川の水量をあげない事、そのためには本流である荒川の水量を減らすことが必要です。岩淵水門を閉めれば隅田川の水量は減りますが、そこまでの地域や放水路沿岸での水位が高くなる場合を避けることが放水路の目的です。江戸川は利根大堰の管理で利根川から入ってくる流量を減らせるので、その分荒川の水をバイパスさせようということです。万が一それによって江戸川が氾濫しても水が来るのは、足立、葛飾、江戸川という東京のお荷物地域で、主部は守られるということになります。この三区を通る地下鉄(含京葉線)はすべて地上で、地下への入り口はすべて荒川放水路の西側です。これはいろいろな理由があるのですが、洪水時に水が流れ込まないように、つまり東側は洪水が起こりやすいということもあります。

>浸水被害軽減できてませんよ。春日部駅付近はとんでもないくらい浸水被害出てます。
当たり前です。上にも書いたように関東の治水は東京を守ることにあり、基本、国の事業です。春日部駅前が浸水することなど、春日部市か埼玉県の仕事です。
近年の短時間に、狭い地域に多くの雨が降る水害は、今まで想定されておらず。それだけの排水能力を確保していなかったことが原因です。これをするには、ポンプ場等の整備、地盤高の調整などが必要で、既存の商店が集中する駅前などは非常に手を付けにくい工事になります。

アバター

質問した人からのコメント

2016/3/10 21:09:16

なるほど。東京中心部の為なのですね。でも、国は酷いね。重要拠点でもないからどうでもいいという考えは気に食いません。

「江戸川 氾濫」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tub********さん

2016/3/723:31:22

昔はロータリー水没してたけど今は車道だけなので浸水被害は軽減されました

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる