ここから本文です

弓道をしている高一女子です。

taka07232915さん

2016/3/420:37:52

弓道をしている高一女子です。

来週一年生大会を控えています。

弓道って一射目と三射目は右手に一本矢を持ったまましますよね。

私は前はそうやって練習していたんですけど、

ある日なんか右手に持っている矢が気になったまま離れをして矢が的からものすごく上に飛んで行ってしまったことがあり

それ以来右手に矢を持つことが怖くてずっと一本ずつでやっていました。

しかし大会は右手に一本持たないといけないんですよね?

ホントに怖くて困ってます。

なんか克服できる方法があれば教えてください。

閲覧数:
122
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jikisinn13さん

2016/3/518:52:43

確かにとり矢(つがえていない小指に持っている矢)に意識がいってしまう方いますよね。

私の後輩にもいますよ。

ただ、これは他の方がおっしゃるようになれだと思います。私は後輩たちに巻き藁でもとり矢をして引かしたりしましたよ。

何回も回数を重ねてみたらいかがでしょうか?

怖がったら余計に力んで上手くいかないので、気にせず気楽に引いてみて下さい。
勝手(右手)に意識をもっていかれると、上に飛んだりはけ矢がでてしまうので押手(左手)の手の内の小指をしっかりしめて、弓が安定するようにしてみてください。

応援しています

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rinsyukonさん

2016/3/621:37:24

>しかし大会は右手に一本持たないといけないんですよね?

これに関しては弓道競技規則第15条の4に以下のように書かれています。
「一手を持って行射するときは、取矢を行う」
すなわち甲矢を引くときは乙矢を右手に持たなくてはなりません。

>なんか克服できる方法があれば教えてください。
これは慣れるしか方法はありません。
1本ずつ引く練習をするうちに右手の薬指を小指が中途半端になってしまっていませんか?
この2本指は乙矢を引くときもしっかりと握っていなければなりません。
すなわち1本引いているときにも2本の指でしっかり矢を握っているつもりで引く癖をつけることが大切です。
甲矢と乙矢で右手の感覚が変えてはいけません。
1本で練習するときにも矢を持っていると思いながら練習しください。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2016/3/512:39:24

>克服できる方法

>私は前はそうやって練習していたんですけど、

>ある日なんか右手に持っている矢が気になったまま離れをして矢が的からものすごく上に飛んで行ってしまったことがあり

>それ以来右手に矢を持つことが怖くてずっと一本ずつでやっていました。

前は出来ていて、そのある日から、止めてしまったから、出来ないだけでしょう。

能力の問題ではないんで、前に戻す練習をしましょう。

>怖くて

メンタル面なので、慣れて自分で克服することです。

確かに、一本だけ持ってやりたい気持ちは分かります。

ryupom777さん

2016/3/501:05:54

しょうがないですが慣れですね
厳しいかも知れませんが今まで逃げてきた事を後悔するべきですね


そもそもなぜ会の時に乙矢に意識がいくのでしょうか?会の時には5重十文字、伸び合い詰合いなど確認する事が多すぎて普通乙矢に意識が行かないと思いますので、会でする事を再確認する事をオススメします。

2016/3/421:57:02

ペンを矢の代わりでもつのをやっていました 試してみて見てはどうでしょうか

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。