ここから本文です

現ベイスターズの進藤達哉ヘッドコーチの守備の魅力は何処でしたか? 現役時代で...

キムチンさん

2016/3/2109:58:16

現ベイスターズの進藤達哉ヘッドコーチの守備の魅力は何処でしたか?
現役時代で横浜時代の1998年の優勝を決めた一打も覚えてます。
チームが観客動員UPで嬉しいです。

進藤達哉ヘッドコーチ,現ベイスターズ,2塁ランナー,観客動員UP,守備,現役時代,三塁手

閲覧数:
507
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tig********さん

2016/3/2116:45:48

進藤選手の守備は、玄人好みといいますか・・・
一見普通のプレーに見えても、裏側にプロとしての秘技があったりと。

たとえば、ランナー2塁で三遊間を抜けるレフト前ヒットの場面、
三塁手の進藤選手は、飛び込んでも取れないと分かっていながらも
敢えて打球に対して飛び込む場面が見られました。

これは、2塁ランナーへのプレッシャーの意味合いがあり、
もしダイビングで三塁手が打球を取れば、2塁ランナーは3塁をオーバーランしすぎるとタッチアウトになるかもしれないと頭をよぎり、
一瞬スピードを緩めてしまうわけなんですね。

そのような玄人好みの守備をするのが進藤選手でした。

質問した人からのコメント

2016/3/26 16:28:42

回答ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる