就活 コンサルタント

就活 コンサルタント 今コンサル業界で働きたいと考えているのですが、よくある質問として 「どんなコンサルタントになりたいか」というものがあると思います。 この質問に対しては 例として「会計に強いコンサルになりたい」 などの自分がどういうキャリアを積みたいのかという答えと 「クライアントからまた仕事を頼まれるようなコンサルになりたい」などのコンサルタントとしてのスタンスについて どちらを答えるのが良いでしょうか?

就職活動143閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

コンサルタントと言ってもピンキリです。 普通の不動産屋がコンサルタントと称することもあるし、ネットワークのセキュリティー対策のコンサルいろいろです。コンサル=営業という程度に考えた方がいいと思います。本当のコンサルタントは、その道のプロフェッショナル(経験者)なのです。 入ってなにもわからないのに、コンサルできるわけがありません。 会計に強いコンサルになりたい といえば、実際会計関係の勉強をしてきたのかということです。 税理士試験の簿記、財表の科目を持っている、もしくは税理士の資格を持っていれば堂々と監査法人系のコンサル会社に応募できるでしょう。 ようは貴方の専門は何ですか?が大事であり、 クライアントからまた仕事を頼まれるようなコンサルになりたい は当たり前のことなんです。