ここから本文です

痴呆老人の後見人の弁護士による横領はなぜ発生しますか

kab********さん

2016/4/1319:10:05

痴呆老人の後見人の弁護士による横領はなぜ発生しますか

補足痴呆老人→認知症老人

閲覧数:
75
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ns2********さん

2016/4/1321:26:26

回答の前にですが「痴呆」という表現は使用せずに「認知症」というようにしましょう。

後見事案の業務上横領の約1割が専門職(あとの約9割は親族)によるものといわれています。

私も後見業務をしていますが、被後見人等の財産を扱うときは自分の財産は扱わないようにしています。

そして、金銭出納を作成してきちんと管理しております。

事務所の運営費に充ててしまったなど横領してしまった事情は人それぞれありますが、その財産が誰の物であるかということを再認識しなければならないと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

za5********さん

2016/4/1409:43:27

確かに弁護士のステ-タスは高いですが、高くても飯は食って行けません、バイトも抵抗がありますので痴呆老人の現金を餌にして食い繋いでいるんです、過払い金取り立ても終焉を迎えています、今後急速に老人が増えタ-ゲットにされる事でしょう・・。

mit********さん

2016/4/1319:22:29

クライアントが痴呆で、見直に親族が居ないこと。

弁護士を増産した結果、士会の会費すら払えなく、食えない者が増えた。
少し前から、歯医者が余り廃業が増えてきている。

10年後には、医師が余ってくる。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる