サウジアラビアやロシアなどの主要産油国はなぜ原油価格を上げるために減産するのではなく、増産凍結を選んだのでしょうか?

サウジアラビアやロシアなどの主要産油国はなぜ原油価格を上げるために減産するのではなく、増産凍結を選んだのでしょうか?

ベストアンサー

0

大量消費国の中国の経済が減速するなど、 石油の消費量が減少することが予想される中で 多少の減産では石油価格を持ち上げる可能性が 低い(石油価格は投機による価格変動が大きい)うえに、 今まで経済制裁で石油の輸出があまりできなかった イランの石油輸出が解禁されるようになった。 そのため、サウジアラビアやロシアが減産してもその分を、 今まで経済制裁で輸出が抑えられていたイランが 増産して輸出し、トータルでの石油供給量を減少させる ことができるかどうかわからないことも理由の一つ。 サウジアラビアはイスラム教のスンニ派、イランはシーア派で 宗教的な対立もそこにはある。 ロシアはサウジアラビアと協議して減産しないことに同意した。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました^_^

お礼日時:2016/4/17 18:28

その他の回答(2件)

0

売る見込み情報があるから? 戦争 又は 宇宙開発? すべて パワーの決定で 決まっていくのでしょうか?

画像
0

こういう問題は、価格が下がっても、安定供給をする胃と言う信頼性が最も大事です。いままで仲が良かったのに、採算が下がれば、すぐ減産するおうな国は、世界の信頼を失います。こういう各国の経済が落ち込むとき、それでも供給してくれるということは、信頼を増します。 友達でも、何か困ったことが起こったら、離れていくやつと、親身に考えてくれる友達に分かれます。こういうことです。