ここから本文です

適格退職年金制度があり、退職金の受け取りの際退職金の半額1200万円を年金で...

kak********さん

2008/4/823:53:32

適格退職年金制度があり、退職金の受け取りの際退職金の半額1200万円を年金で受け取る選択をしました。
確定申告ではこの年金に雑所得としての控除があります。

一方、同じ金額を民間の保険会社に預託して年金を受けた場合は、年金の預託金に相当する部分は控除されるので税金が大幅に低くなります。
もともと、退職年金制度の年金の源資は、一時金で受け取った場合には無税の範囲です。
にもかかわらず、雑所得の控除額には民間の年金に相当する控除がないのは、問題と思います。
民間の保険会社と同様に控除してもらうにはどうすればよいのでしょうか。

閲覧数:
1,631
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nam********さん

2008/4/1311:59:15

>もともと、退職年金制度の年金の源資は、一時金で受け取った場合には無税の範囲です。
半分であれば無税の範囲かもしれませんが、全額受け取れば課税されるのではありませんか?
もともと、退職所得と、雑所得では所得控除の方法が異なり、退職所得が有利な仕組みになってます。
したがって、納税額だけを考えれば、すべてを退職所得で受け取る方法が一番節税できます。

>民間の保険会社と同様に控除してもらうにはどうすればよいのでしょうか。
税法が変わらない限り、無理です。
今の税法では方法はありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる