ここから本文です

命令文の後にandかorを置くと、『そうすれば』や『さもないと』という意味になりま...

jam********さん

2016/4/1804:12:06

命令文の後にandかorを置くと、『そうすれば』や『さもないと』という意味になりますが、なぜそのような意味になるのか知っていたら教えていただけませんか?(普通andは順説、orは選択で使うも

のだと思うので)このような意味が生まれた背景なんかを知っていたら是非教えていただきたいです。

閲覧数:
1,076
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iam********さん

2016/4/1821:35:28

⭐︎and(そうすれば)。その性質(等位接続詞)からの必然的な帰結と思います。
A and B ・・・AとB⇨AであればB(肯定条件)
⭐︎or(さもないと)。上記と同様の理由です。
A or B ・・・AかBか⇨そう(いう選択を)しなければ。orは語源的にはotherの短縮形です。otherwise(他の方法では⇨さもないと)と同様に、否定条件(if..not)に結びつきます。
○andとorを並べてみると(そうすれば)⇄(そうしないと)と、対称関係にあることがわかります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tro********さん

2016/4/1817:58:45

大昔から,命令文に続くandは条件(「もし~ならば」)を表すのに使われていたことによります。つまり,何かを並列するための接続詞としてだけではなく,if ~に相当する機能も同時に持っていたわけです(下記例文参照)。学校ではふつうそこまで教えてくれませんが,たとえばbookが「本」だけでなく,動詞の「予約する」という意味まで持っているのと同じです。身近な単語には意外な意味があるものです。

Study hard, and you'll pass the exam.
= If you study hard, you'll pass the exam.

このことから,命令文でなくともandをifの意味で使うことが可能で,実際に使われています。たとえば,以下のような文も学校で習うことがあると思います。

One more effort, and you'll pass the exam.
= If you make one more effort, you'll pass the exam.

ifの意味ではan(冠詞のanではありません)などの別の語形で使われていたこともあります。よって,現在のような並列するための接続詞だけでなく,ifと酷似した意味で使われていたのが今でもまだ残っていることになります。orも同様で,こちらはunlessと類似した意味で使われていたものです。

yok********さん

2016/4/1804:59:34

"or"とは
何何をやれ、もしくは何何をが起こる。
の「もしくは」を指している。
"and"とは多分 "and then" の略で
何何をやれ、その後に何何をする
の「その後」が「そうすると」に変わったものだと思います。
わかりにくかったらすいません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる